ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

広大な本流で大型トラウトと対峙するロッドはワールドシャウラで間違いない!! 

広告

 

f:id:pecomus1110:20190514185642j:plain


 

本流はスピニングタックルが優れているで間違いない

毎日のように睡眠時間を削り、毎朝ポイントへ出かける日々...

僕は基本的にベイトタックルで釣りをするのが好きですが、

アンタレスDCMDでも届かないあの場所へルアーを放り込みたい!

 

本流の釣りは強風や突然な雨・雪など

気象状況が変化することも多く、

いついかなる状況でも安定したキャスティングができることが、魚を釣り上げることのファーストステップとなることから本流の領域に関してはスピニングタックルが現時点ではBestという選択になりました.

とくにマイナス気温となる北海道では、ガイド凍結との戦いとなる場合もありますので、ベイトタックルではトラブル続きで釣りにならないという本末転倒な状況も多々あります.

千載一遇の大型トラウトを釣るためには、

状況と場所にあったタックルで望むことが、メモリアルフィッシュと巡り会える確率が高まることをここ一年間で嫌というほど学びました.

 

最近のトラウトロッドの傾向と北海道

近年のトラウトロッドはミノーイング全盛時代も相まって

マイクロガイドでファーストテーパー仕様が多く、そういった類のロッドは操作性が良いのは明らかであり、スレきったやる気のないトラウトを釣るためには素晴らしいロッドと思います.

しかしここは北海道...

はっきり言って北海道にはマイクロガイドやスレきったやる気のない魚を相手にする必要はありません.確かに人気ポイントはその傾向はありますが、場所を変えればよいだけです.

フィールドターゲットが本州のロッドでは、北海道の不意にかかる大物をあげることはできず悔しい思いをしてきました.

 

ベイトタックルとスピニングタックル

広大なフィールドで必要なロッド性能は遠投性能とロッドパワーであることは明白であり、タックルに合わせて釣りをするのではなく、場所に合わせてタックルを選定するという大前提をわすれ、無理にベイトタックルを選択していました.

 

確かにベイトタックルの利点も多くあり、比較的近距離戦には大きなアドバンテージが有るものの、刻々と変化する自然環境のなか安定したキャスティングを繰り返すためにはまず、トラブルが少ないこと・安定した飛距離が出せること

これがまず重要と考え、本流でのルアーフィッシングはスピニングが良いと言う結論に達し、モンスターリミテッドやエムアイレなど迷いましたが、

19年newモデルということもあり、ワールドシャウラ2832RS-2を購入しました.

 

実釣によるインプレッション

f:id:pecomus1110:20190514185702j:plain

今年はサクラマスをすでに100本近く釣っていますが、

2822RS2は、本流サクラマスに対しては、オーバーファイト気味のロッドです.

しかし僕の夢は70overのサクラマスなので北海道で釣るためのタックルとしては現在では最強かと思っています.

他に、バリバスビッグトラウトや、エムアイレなど試しましたが、

バリバスはファーストテーパでミノーイングには最高ですが、比較的大型なトラウトがかかった場合に若干不安があること、エムアイレのボロンコンポジットは歳のせいか重くてキャストが疲れてくる(泣)ため手放しました.

ロッドは適材適所と思いますが、僕のフィールドではワールドシャウラがBestです.

19ワールドシャウラはカーボンモノコックグリップ仕様となっています.

持った感触ではモンスターリミテッドより先重りしている感じがしますが、リールを装着すると一変しますね.

やはりロッドはの重量は『軽さが正義』

さすが王様監修のシマノ最高峰ロッドと言う感じです.

 

本流は春夏秋冬これ一本で間違いないという感じのロッドです.

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!