ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

ガイドが凍る時期のタックルとライン

広告

 

 

f:id:pecomus1110:20181209183250j:plain

北海道の冬のフィッシングタックルを再考する

ガイドやラインが凍るこの時期.

湖やダム湖のトラウトたちは捕食対象が虫からベイト(小魚)に変わります.

そう、寒さが厳しいいまこそルアーフィッシングに好適な季節であり、大物を狙うのに適した季節です.

最近はコアなキチガイアングラーの世界でしたが、様々な防寒ギアの進化で快適?に釣りをすることができるようになりつつあります.

 寒さが厳しいためタックルのみならず防寒対策は必須であり、

充分な準備をして冬のフィッシングを楽しみましょう.

 

基本的にガイドが凍る時期以外はベイトタックルが好みですが、

北海道の極寒時期(マイナス気温になった時点)には、

ガイドが凍る→ライントラブル→ラインとリールも凍る→トラブルで釣りできず

と、、、

負のスパイラルに突入し、まったく釣りにならないので(苦笑)

スピニングタックル一択です.

 

マイナス気温のラインについて

マイナス気温の時期のこの時期、PEラインはマルチフィラメントのため凍り膨張し続けます.一般的な温度の場合に性能が優れている12本然りや8本然りのほうが使用しにくいラインになってしまいます.

理由は水分が入り込む隙間が多く、凍るためラインが膨張してしまうためです.

最悪はラインが膨張し続け、リールシートとラインが氷で固着し完全にロックしてしまいます.

したがって、寒冷地の釣りはモノフィラメントライン一択です.

 

ナイロンか?フロロか?

モノフィラメントラインにはナイロンとフロロラインがありますが、素材としては、フロロラインは伸びが少ない 硬いラインが多く、ナイロンラインはフロロに比較し柔らかく伸びのあるラインが多いことが一般的です.

ラインすら凍る時期はフロロより柔らかいナイロンラインが適しており、ナイロンラインの中でも柔らかいラインがトラブルが少ないです.

ラインの太さは細ければ細いほど凍る面積が狭いため凍りにくいですが、細いラインでルアーフイッシングをする際には、ある程度の技術が必要とするため、悩ましいところです.

おすすめのラインはソフト仕様のファメルのスーパーソフト

ナイロンのなかでも柔らかく、ライントラブルに強いラインとして定評があります.

 

 

寒冷地で使えるPEラインはないのか?

極寒地北海道でいろいろ試行錯誤してみましたが、マルチフィラメントであればあるほど全く使い物になりません(当たり前ですが).

しかし、バークレイのファイヤーラインはダイニーマを熱で圧縮しナイロンコーティングしているので、冬でガイドが凍結しラインも凍結するレベルであっても比較的快適に使用することができます.

PEラインの強度と感度を求めるのであれば、ファイヤーライン一択で良いです.

 

ルアーロッド 

f:id:pecomus1110:20181209201801j:plain

現在のルアーロッドはマイクロガイドモデルが多く、ガイドの口径が小さいものが大半です.ガイドが小さいものはマイナス気温時には向いていなく、直ぐに氷がガイドが詰まってしまいます.したがって、一昔のガイドが大きなモデルが冬のルアーフィッシングに向いていますが、現在のロッドのほうが性能的には優れていますので、悩みどころと言えます.

ルアーロドを選択する際には、ガイドの口径が大きめなモデルを使用すると良いでしょう.またフジのKガイドはライントラブルが減少するので、できればKガイドモデルをおすすめします.

エム・アイレやパームスなどはガイドが大きいモデルでのでおすすめします.

エム・アイレのロッドは高いですが、素晴らしいベンディングカーブと感度で大物とのやり取りも余裕を見せてくれます.

初心者〜中級者にはパームスがおすすめです.

  

 

リール

ロッドはアングラーの好みがあり賛否両論がありますが 、リールは国産であれば高ければ高いほどよいリールが手に入ります.これは断言できます(苦笑).

ビンボーアングラーの僕は、ステラやイグジストがほしいですがなかなか手を出しにくいのが現状です(泣).しかしながら、現在のリール性能素晴らしいものがあり特に2018年のダイワのLTコンセプトは、入門モデルのフリームスでも徹底した軽量化とマグシールド、エアローターなど高機能が搭載されており、オススメモデルです.

もうワンランク上の性能と巻心地を求める人は、価格とバランスが優れているカルディアがおすすめモデル.

f:id:pecomus1110:20181209204109j:plain

 

 

最近は北海道でも暖冬であり、一桁のマイナス気温の日であれば

結氷しないため、川でも湖でも釣りができる環境です.

年がら年中釣りがしたい僕にとっては少し幸せな環境となってます.

まあ、快適な釣りとは言い難いですが、、、、、

それでも釣りたいのがアングラーではないでしょうか(笑)? 

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!