ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

【ダイワベイトリール】 スティーズ CT SV TW が北海道の渓流釣りに最適な理由

広告

 

スティーズCT 渓流釣りインプレ 

スティーズ CT SV TW

なんとも長ったらしい名前ダイワフラッグシップのベイトリール.

今春発売とともに入手し実釣しましたのでインプレしたいと思います.

 

f:id:pecomus1110:20190411213752j:plain

 

何故 スティーズ CT SV TWが北海道の渓流に最適なのか?

北海道の渓流では、不用意に大物がかかります.

ベイトフィネスタックルで何度泣かされたことか....

 

ベイトフィネスリールは軽量ルアーがキャスティング可能で、

ある程度のなれが必要ですがスピニングよりも太いラインが使用可能なことやキャスティングの動作が少ないため、単純にキャスト回数が増え、結果釣れる確率が高まることが最大の利点です.

しかし、スプールや他のパーツに剛性がないことから、

大物がかかった際に何度も悔しい思いをしたことか....(泣)

意外なところに不用意に川の主は潜んでいるものです.

 

ベイトフィネスからバーサタイルまで使用できるタフさを持ったリールがずっと欲しかった...

今までは無かったので、カルコンなどをカスタマイズして軽量ルアーまで使用できるようにしていましたが、重量とベイトフィネススプールの構造的な弱さが弱点でした.

 

今春満を持してベイトフィネスからバーサタイルまで使用可能な

ダイワのフラッグシップリールを入手しました!!

 

凍結対策とベイトリール

ご存知の通り、北海道は寒さが半端ないです.

寒くなる時期に大型なトラウトが比較的釣れますので、ガイドやリールの凍結対策は必須です.

リールの凍結対策などなされているものは、

ほぼありませんので、自分で見極めて使用する必要があります.

様々なベイトリールがあるなか、Tウイングシステムはリールで最も凍結しやすい放出部、レベルワインダーのギミックによって放出部が開くシステムとなっています.

そのため、マイナス気温でガイドやラインが凍る時期も、明らかに通常のシステムより凍結に強いです.

さらに、30mmスプールにてベイトフィネス領域まで軽量ルアーをキャスティングできるかつ、他のパーツは剛性の高いベイトリールですので、渓流から本流までスティーズCT 1つのリールで軽量から重量級ルアーまでOKというヘビーバーサタイル仕様となっています.もう数回渓流から本流で使用していますが、本気で2g〜20g程度まで使用できちゃいます(試してませんが1ozも可能かも?).もうベイトフィネスリールはいりませんねていうレベルです.(苦笑)

 

欠点は、スプールが小さいため

モノフィラメントラインを使用する際の糸よれですが、ソフト加工のナイロンライン(バリバスVEPやファメルスーパーソフト)を使用するか、モノフィラメント系PE(スーパーファイヤーライン)などを使用することで解消可能かと....

凍らない時期は、PEラインを使用することで全く気にならないです.

 

f:id:pecomus1110:20190411213757j:plain

 

これは、すごいベイトリールが出ましたね!!

ベイトリールの進化が止まらないですね.

これは絶対オススメのベイトリールです!!

一つで渓流から本流域までカバーできちゃいます.

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!