ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

ソリッドカーボンロッドが北海道のトラウトに最適だ!

広告

 

f:id:pecomus1110:20190701191921j:plain

渓流にソリッドカーボンという選択肢

ブラックバスや食い込み重視の釣りではあたりまえ感があるソリッドカーボンロッド.

 

トラウトロッドといえば、

カーボンチューブラー(中空)かグラス、ボロンなどが一般的であり、

渓流から本流で釣るトラウトはジャンプしてフックが外れないようにするため、

ロッドアクションはパラボリックなものが向いているというのが定説でした.

 

しかしながら、ミノーイングが定番になり

定番のスプーンやクランク、スピナーなど様々なルアーを使用するようになってからは状況が一変...

よりルアーにアクションを与えるためには、

ファーストアクション寄りのロッドがルアーにアクションを加えやすく、有利であることは周知のとおりです.

 

一方で、

ミノーを扱いやすいロッドは高感度カーボンでファーストアクションが扱いやすと思いますが、この類いのロッドは折れやすく先ばかり曲がるので魚をかけてからバラしやすくピーキーな釣りを強いられます.

 

ぶっちゃけ、最近のロッドはファーストアクションが多く

ルアーはコントロールしやすいですが、不意にランカーサイズがかかった際に苦戦を強いられるロッドが多いのが現状です.

 

ソリッドカーボンロッドを半年ほど渓流にて使用していますが、食い込みがよく北海道のトラウトフィッシングに有用かと思いましたので、紹介します.

 

ソリッドカーボンの有用性

ソリッドカーボンロッドとは、カーボン繊維がぎっしり詰まったロッドのことであり、バスや食い込み重視の釣りで用いられているロッド製法.

 

中身がぎっしり詰まっているためロッド重量がある程度あるため、

長尺ロッドには向いておらず、せいぜい6フィート前半までのロッドが多い.

 

ソリッドカーボンの最大の特徴は、トルクが強く折れない(折れにくい)ことであり、グラスロッドに似た素直なベントカーブを作り出せるかつグラスより感度が良いというショートロッドに向いた材質.

ここでピンときた方も多いハズ!

はい!! 

渓流ベイトフィネス・渓流スピニング向きの材質です!!

 

感度

チューブラーカーボン>ソリッドカーボン>グラス

 

重さ

グラス>ソリッドカーボン>チューブラーカーボン

 

強さ

ソリッドカーボン>グラス>チューブラーカーボン

 

あくまで僕の見解ですのであしからず・・・

 

小規模河川から中規模河川で大物がかかる北海道仕様のロッドに

絶対に向いている素材です.

 

 

止水用には、エンジンのスペルバウンドサーキッドクラスを購入

今回はベイトフィネスソリッドカーボンロッド実釣インプレです.

  

ソリッドカーボンで一切妥協なしのロッドを自作する.

ソリッドカーボンの渓流ロッドなんてものは僕の知っている限り、サムルアーズくらいなものでこれは、希少な限定生産ロッドのため入手困難.

これは自作するしか道はない.

ないものは作るという信念のもと、購入するより高くつくかつ失敗の危険性が高い(苦笑)ロッドビルディングへの沼へ突き進みます.

ソリッドカーボンロッドビルディングの記事興味のある方はどうぞ

 https://www.peco1110.com/entry/carbonsolidrod

 

一切妥協しないということで数あるソリッドカーボンブランクの中で、

最も高額なマタギのソリッドカーボンに感度を向上させるために46tカーボンをコンポジッドしたブランクスを選定.

ガイドはバックラッシュを軽減するため、トルザイトチタンを12個装着.

というメーカーならば10万超え?のスペックで作成.

 

今回は半年間使い込んでの実釣インプレ

Engine スペルバウンドサーキッドクラス600SLH2MGとソリッドカーボンベイトVer.

スピニングとベイトのソリッドカーボンロッドの有用性を半年間かけて検証しましたのでインプレしてみたいと思います.

 

ソリッドカーボン対トラウト

前記したとおりソリッドカーボンは縦繊維がぎっしり詰まっているため折れないという(正確には折れずに裂ける)特性を持った材質です.縦繊維というと、UDグラスやバンブーといった材質もありますが、UDグラスは重い、バンブーはロッドとして理想的な材質と言われていますが、素人が手を出せる代物ではなく(作ってみましたが無理です)ビルダーが作ったものはかなりの高額であり、破損した際の心のダメージは計り知れないものがあります.

いままでかなりの数のトラウトを相手に実釣しましたが、折れる心配がないため余裕があり安心して大きなトラウト相手でも対峙することが可能でした.

実際には、秋鮭クラスのトラウトがかかっても上げることが可能なパワーを秘めています.

また、ベイトではガイドをたくさん装着するとブレーキになるようでバックラがかなり減少します.

渓流ロッドはスローアクションが向いていると思っていましたが、ミノーを扱う際には絶対にファーストアクションが良いのでファーストアクションかつ魚をかけたときにはベリー→バッドと曲がってくれるロッドが理想的です.

現在使用しているロッドはそれを体現したロッドアクションで、スローよりはバラシが増えるものの、ナイロンラインもしくはPEにやや長めのナイロンリーダーをつけることで解消されます.

いろんなロッドを売り買いして、

さらにロッドビルディングにて漸くたどりついたような気がします.

 

まあ、また他のロッドが欲しくなるんでしょうが、、、、(苦笑)

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

 

 

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!