ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

【ソリッドカーボンロッドビルディング】強くてしなやかで重いという素材で渓流最強ロッドを作る

広告

 

 

f:id:pecomus1110:20190623125701j:plain

トラウトにソリッドカーボンという選択肢

今年は釣り人生の中で最もロッドを短いサイクルで購入した年です(苦笑).

バスのトップウォーター用から縦繊維のグラス素材...

オールドに憧れてチャンピオングリップ仕様など......

 

様々なロッドを試しましたが、一長一短で自分にあったロッドがなかなか見つからないという大迷宮入り(苦笑).

レンズ沼ならずロッド沼にどっぷりはまってしまいました.

 

使用するプラグや場所、さらには対象魚に合わせたブランクはないかと..

試行錯誤する毎日.

 

北海道の中規模河川で大型トラウトをターゲットとするブランクは

5Ft後半から6Ft前半くらいまでが扱いやすく、

ルアーウエイトはmax10グラム前後のブランク(いわゆるLパワーのもの)

スローテーパーがトラウトに向いていると言われていますが、

最近はミノーを多用するスタイルなので、レギュラーからファーストアクションがアクションをつけやすい.

また、不用意な大物がかかるため粘ることができるブランクが理想的なのですが、

メーカーから販売されるロッドは大物がターゲットだとブランクが硬すぎてキャスティングしにくかったり、

逆に、しなやかな部類のロッドは柔らかすぎてルアーアクションが難しく、

大物がかかった際に上げることが難しいなど....

相反する性質が多々あり自分の趣向にあったロッドというのは出会うことが非常に難しいです.

 

ソリッドカーボンという材質

通常販売されているロッドは、中空構造のチューブラーという構造が大半です.

これは、ロッドの軽量化や感度を上げるために必須の構造ですが、カーボンがびっしり詰まったソリッドという構造があります.

ソリッドのロッドは重いことや感度が悪いという欠点があるため、嫌遠されがちですが

細く作れるためしなやかなベントカーブを描くことができ、

しかも強いという釣るために必要な要素がチューブラーに比較して優れています.

 

ただ、トラウトロッドに採用しているロッドは僕の知っている限りなく、

自作する以外道はないです.

 

ないものは自分で作るという精神のもと

トラウト用オールソリッドカーボンロッドビルディングにチャレンジすることとしました.

 

オールソリッドカーボンブランクの選定

有名所のブランクでマタギとジャストエースにオールソリッドのカーボンブランクが販売されています.

マタギは5フィート11インチ、ジャストエースは5フィート

カタログ上の違いは、マタギのソリッドは感度を上げるため上に40tカーボンを巻き付けてあり、レジン含有率が多く感度がやや悪いソリッドカーボンの欠点を補正したモデル!!

後悔したくないためマタギのブランクに決定することとしました.

 

リールシートとグリップ

ロッドビルディングは道具さえ揃えば、プラモデル同様レベルでできる比較的簡単な作業ですが、簡単であれば奥が深いというものです.

それは、無限とも言えるパーツの組み合わせ....

初めて作る人であればどれを選んでよいのかわからず、迷宮入りします(苦笑).

 

いまはネットなどで簡単に情報が手に入りますが、

それでも明確な道標はないため、プロの店員さんに聞いて選定するのが近道かと思います.マタギやサパロなどノウハウが有るショップに聞くと丁寧に教えてくれるのでおすすめです.

 

f:id:pecomus1110:20190622225559j:plain

今回はリールシートも塗装してもらいました.

 


リールシート接着作業 

構想(妄想)3週間!? 発注5日にて、ようやく材料が揃い組み上げる段階まできました.ロッドビルディングはオフシーズンにやるべきですね(苦笑).

まずは、コルクの成形をします.

f:id:pecomus1110:20190622225602j:plain

ドライバードリルにコルクグリップを固定してヤスリがけしていきます.

100番⇒240番⇒600番

もっと丁寧にやればきれいに仕上がると思いますが、釣りに行く時間がなくなるのでオフシーズンにきれいにします.

カーボンパイプとリールシート、グリップを30分硬化型エポキシボンドで接着.

f:id:pecomus1110:20190622225606j:plain

 

ブランクの接着

マタギのソリッドカーボンはスパインがあるので、テープで印を付けて

スパインがちょうどガイドの位置になるように調整.

隙間を埋めるのにアーバーも考えましたが、隙間は1ミリ程度なのでタコ糸で調整後、エポキシ30分硬化型で接着.一日程度触らず放置...

 

ここまでで、4日かかってます(苦笑)

 

ガイドの装着 

この長さで、メータオーバーのイトウと勝負できるルアーロッドが目標なので、

一切妥協せず、ガイドはトルザイトチタン12個仕様(笑)

1番ガイドはライントラブル軽減を目的にKWガイド、超豪華仕様のガイドとしました.(体感できるかわかりませんが)

また、非常に手間がかかりますが、

ダブルラッピングで固定することとします.

f:id:pecomus1110:20190623125643j:plain

まず、下巻き

f:id:pecomus1110:20190622225615j:plain

その後にエポキシコーティング...

ほんとに手間がかかります.

できたときの喜びもひときわな予感!

 

ガイドを12個固定し

エポキシコーティング2度塗りで完成.

 

文章に書くと非常に簡単ですが、

何度も失敗調整を要したため、2週間ほど釣りにも全く行かず

引きこもりした結果完成!!!

f:id:pecomus1110:20190623202838j:plain

ガイドのスレッドが派手すぎなような気がしますが、自己満足の世界



f:id:pecomus1110:20190623125701j:plain


このベントカーブは只者でない!!

一本でミノーからスプーン・スピナーまで全部イケそうなロッドが仕上がりました.

カーボンソリッドは反発力が半端ないので、飛距離も十分すぎるほど!!!

欠点は重いことか...

グラス並のしなやかさとカーボンの感度をもつ最強ロッド完成です.

 

小規模河川でテストしましたが、2g〜14gくらいまでは快適に使用できるフィーリングです.ガイドの効果でバックラッシュが減ったような増えたような...

 

 

反省点は、釣りに行けなくなるので

今後はオフシーズンにやることにします.

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

 

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!