ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

歯医者さんで抜歯を勧められたときには必ず他の歯科・口腔外科を受診することを全力で奨める理由

広告

 

f:id:pecomus1110:20180919225043j:plain

たかが抜歯で心臓病にや敗血症になる?

大好きな釣りにも行けず、

しばらく入院して闘病生活を送っていました.

 

歯科治療とくに抜歯で感染性心内膜炎(心臓弁膜症;心臓の手術が必要な場合もある)や敗血症が合併症として比較的多いことは、僕も数十年間循環器に従事しているため認識はしていましたが、まさか自分がなるなんて思いもしていませんでした.

 

今回はその一部始終を書きたいと思います.

 

近所の歯科医院での抜歯

近所の比較的空いている歯科クリニック.

息子(小学生)歯科検診に行ったついでに、歯のクリーニングとしばらくしていない歯科検診目的で3年ぶりくらいに歯科を受診しました.

クリーニングが無事に終え、被せ物(銀歯)の中が虫歯になっているかもしれないのでちょっと削って、中を診てみますとのこと.

削ったところ虫歯が進行していたらしく、とりあえず再形成しまた被せ物をする方針にて当日は終了し、次週再受診することとなりました.

 

そして、次週受診し

消毒して、形成した歯の再治療

歯科医は形成しようにも、何やら難渋している様子で

『これは抜いたほうが良い』

と打診してきました.

自分は何がなんだかよくわからなかったのですが、

『抜かなきゃだめなんですか?』

『先生が患者ならどうしますか?』と聞いたところ

『僕なら抜きます』

と答えたので、しょうがないかと思い抜歯してもらうことにしました.

 

そもそもそれが最大の間違いでした.

 

 

3時間の激闘のすえ抜歯失敗 

抜歯の同意書にサインし、

根が深いためか?麻酔を何度かに分けて注射.

麻酔が完全に効いた状態で、抜歯を試みるが難渋しているようす.

何度かチャレンジし、1時間程度が経過.

先生も頑張っているものの、抜きにくい歯なのか

口の中は血だらけになりながら痛みに耐える俺.....

 

2時間くらい経過して、

その間数回レントゲンで確認しながらの抜歯...

 

先生『これは紹介状を書くので口腔外科にかかったほうがよい』

といわれ、、、、、

俺『ここまでやったんだから最後までやってくださいよ』

といってもうすこし頑張ってもらうことに、、、

しかし、麻酔が切れ始め激痛がはしり、脂汗を流しながら耐えるおれ...

 

気がつけば、20時が過ぎ(病院にはいったのは17時)

口の中は血だらけに....

とりあえずこれ以上は麻酔も効かないし、この激痛に耐えることは難しそうなため

一旦終了とし、後日再抜歯することにしました.

 

当日の夜の激痛との戦い

帰宅し、鏡で口の中を覗いてみると『血まみれでグロテスクな傷跡』

こんなのは序の口で

悪夢のような激痛との戦いはこれからでした.

かなり乱暴に抜歯を試みたのか、

麻酔が切れ始めると顔半分がハンマーで殴られたかのような激痛がはしる・・・

ボルタレン50mgを経口投与するものの、多少痛みは和らぐが

じんじんと顔半分が病む.

朝方ボルタレンが切れると脂汗と悪夢とともに目が覚める.

 

しばらく耐えれば、痛みも和らぐかとも思い.

鎮痛薬の大量投与で、仕事をしながら耐えることにしました.

 

次の日は、顔半分が腫れ

解熱鎮痛薬を経口、座薬を併用しながら仕事をなんとか乗り切り、

もちろん、食べ物も喉をとおらずという日々を数日間過ごしました.

 

しかし、5日間経過しても一向に痛みは軽快に向かわず

むしろ、食事をする際にますます激痛が走るため、

日曜日電話して歯科に行くことにしました.

 

歯科医に耐え難い痛みであると症状を説明すると、

とりあえず、注射で痛みを抑えると痛み止めを打たれ

『これは、抜歯専門の口腔外科に行ったほうが良い』

と言われ、紹介状を渡され翌日口腔外科を受診することにしました.

 

口腔外科受診

紹介状を持参し、地域では評判のよい口腔外科を受診.

 診断は、抜歯した箇所に血餅がつかず骨がむき出しの状態になっている

専門用語で『ドライソケット』という状態.

薬剤をつけたガーゼを歯肉内に詰めて、しばらく2−3日に一度通ってくださいとのこと.痛みは一週間程度で引いてくるとのことだったので、3週間にわたり3日に一度ガーゼ交換で通院.

激痛は、3日程度はあり毎日ボルタレンロキソニンボルタレン座薬を

3時間毎に上から下からいれないと耐え難い痛みが続きました.

 

一週間程度経過すると徐々に痛みは落ち着いて来ましたが、

食事をするたびに痛みが走り、夜は痛み止めが切れるたびに悪夢でと痛みで目が覚めるという悪夢な日々を過ごしました.

2周程度で歯肉が再生しつつあり、3週でようやくガーゼ交換の日々が終了.

2ヶ月後に残った歯根を抜歯する予定となりました.

 

高熱のため入院

3週間後より、風邪症状があり微熱が続いていました.

地震におる災害もあり、疲れているんだなと早めに休んでいましたが

40度を超える高熱.

成人になってからはここまでの高熱はなかったが、

風邪をこじらしたと思い、市販薬を飲んで休んでいました.

しかし、全く下がらない熱NSAIDS(解熱鎮痛薬)も効かないほどの高熱にうなされ

これは、本気で死ぬかもしれんと思い.

救急病院を受診、白血球数が正常値の三倍

炎症反応も高いかつ脱水のため、即入院することになりました.

 

入院治療は

一週間毎日2回抗生剤点滴治療 と補液

完治に一週間を要しました.

 

抜歯と因果関係は確定できませんが、

おそらく歯の傷口より細菌が感染し、敗血症になっていたとのこと.

ほっておけば

感染性心内膜炎など重大な合併症を起こしていた可能性もあるとのこと...

 

『抜歯は恐ろしい』

と再確認し、入院治療に耐え、一週間後

炎症反応も正常化したため退院した.

 

 

残存歯根の抜歯

残存歯根を抜歯予定日となった.

前回の抜歯での激痛がトラウマ、いわゆるPTSD(心的外傷ストレス)的な感じ?

で、かなりの覚悟と緊張しながらの抜歯となった.

俺『結構痛いですかね?』

 先生『ちゃんと麻酔するから大丈夫』

俺『前回麻酔しても痛かったんですよね?』

などと会話しながら、手術をすることに.

先生『あまり時間がかかる予定はなく、すぐ終わるから』

といっていたが、前回の例もあるので覚悟して望んだ.

 

しかし、麻酔は10分程度数回にわけて局所麻酔し

手術時間は15分程度で終了.

 

はっきり言って拍子抜けしてしまいました.

前医は3時間もかかって失敗に終わったのに、たった15分で抜歯完了.

 

歯科治療も歯科医によって技量の差が大きく技術の差がかなりあることを

身をもって体験しました.

だって、1/12の時間で終了し、さらに術後もそれほど疼痛なし.

 

これを読んだみなさん

歯科治療も信頼できる歯科医を選びましょう.

ぼくは、これでこりたので信頼おける歯科医に継続して通うことにしました(苦笑).

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

 

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!