ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

ロベルソン ボロニストの懐の深さに驚愕する

広告

 

f:id:pecomus1110:20190409200244j:plain

 

Robelson Boronist 6001MF インプレ

ずっと欲しかったロベルソンのボロニスト!!

オークションや中古市場でもなかなかお目にかからない希少種ロッドのひとつ.

 

だって、ボロンとカーボンとグラスのスリーコンポジットロットですよ!!

カーボン高感度全盛の現在に・・・

あえて手間暇をかけてロッドを作成するすべての材料・技術をつぎ込んだ

グラスカーボンボロンロッド!!!

こんな妄想が膨らみすぎるロッド!!!!

釣り好きの人ならば一度は手にしたいロッド!!!!!

 

希少で入手困難なロッドを手にしたので書きとめておきたいと思います.

 

ロベルソン ボロニスト 6001MFのスペック 

f:id:pecomus1110:20190409200238j:plain

カタログ上のスペックは

  • 6フィート
  • ルアーウエイト1/2〜1oz
  • ライン 10-25lb

となっていますが、断言します!!

 

こんな表記あってないようなものです!!!(いい意味で)

 

あくまで僕個人の使用感ですが、

5g以下の軽量ルアーもキャスティングできちゃいます

しかも快適に(投げられるという感じではなく快適です)

しかもこのボロニスト遠投能力が半端ないです.10gのルアーなら軽くキャストでバビューンと飛んできます.(ロッドがキャスティングしてくれているという感覚に陥ります)

 

欠点を言えば、今のカーボンロッドに比較すると重い!

チャンピオングリップのロッドとしては軽量らしいです・・・・

苦行となるレベルではなく、数日で手に馴染みました.

 

もともとブラックバスのトップウオーター用のロッドでありますが、北海道の大型トラウト目的に購入しています.

『なぜグリップ着脱式のボロニストなのか?』

 というと、

①北海道の川幅が狭い場所で大型トラウトがかかった場合に、渓流ロッドでは上げられなかった経験から、比較的軽量なルアーから大場所で使用する比較的重いルアーを扱える懐の広いベイトロッドがほしかったこと.

②PEラインなど伸びの少ないラインで高感度カーボンロッドはロッドは魚をかけてからバラしやすく、ティップで吸収してくれるロッドが理想的であること.

③グリップ着脱式のロッドで複数のロッドを持ち歩き、場所に応じて変えて使用したかった.

の理由からグリップ着脱式で場所に応じてロッドを可変するという戦略.(といっても持っていくロッドは2本程度ですが・・・)

ボロニストにはいい意味で裏切られました.

メタル系やスピナーなどは3g-28gまで難なく使用できることから、源流域やボサが生い茂っているボサ川以外はボロニストのみで良い場合も多いと感じます.

 

しかしながら、ボロニストはグラス特有のしなりが強く、ディープダイバーやヘビーシンキングミノー使用時のツイッチやダートなどミノーコントロールには、高弾性カーボンロッドが良いと思います.そこはやはり状況に応じてロッドを可変する必要性は感じています.

 

キャスティングの快適性は今まで使用したロッドでは群を抜いています.

あとは釣るだけか(笑)

かねは商店のwessexロベルソングリップと合わせると格好良さ半端ないです.

 

自己満足の世界ですが、ほんとにあとは釣るだけ!!

f:id:pecomus1110:20190409200234j:plain

 

純 made in Japan のRobelson Bolonist は所有感・使用感ともに素晴らしいです.

欠点は重量感だけかな?

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!