ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

【徹底比較】身を削ったベイトフィネスリール比較  2019改訂版

広告

 

f:id:pecomus1110:20180316210715j:plain

ベイトフィネスリール 身を削った結果・・・

 どーもペコむすです.

 

ベイトタックルの魅力に取り憑かれて以来、

今まで持っていたスピニングタックルを売っぱらい

様々なベイトリールを買っては試して売り

試しては売り・・・・・(汗)

 

というようなことを繰り返してきました(笑)

おかげさまでシーズンの間小遣いはすべてリールにつぎ込まれた・・・・(泣)

 

目標は1〜2g台をストレスなくキャスティングでき、

夜釣りもやるのでドラグフリッカー付きが尚よい.

ドラグフリッカーは大物をかけた際、真暗闇のなかラインが出ていることがわかるため

夜釣りでは必須であり、なんて言ったって満足感半端ない.(スピニング使えよ・・・)

 

渓流ベイトフィネス用で絞られたのは

ベイトフィネス専用機の進化が著しい近年.

2019年もやってくれましたよダイワさん!!

今年のお小遣いはスティーズかな?

カルコンBFSやレボ・airも良いリールですが、今度のスティーズはベイトフィネスからバーサタイルまで投げられるリール!!

 

スプール径がなんと30mm

スプール径はベイトリールにおいて

小型ルアーをキャストする幹となる部分です

スプール径とルアー重量の相性は一般的に

  • スプール径 32mm : ベイトフィネス(1g-10g程度)
  • スプール径 34mm : バーサタイル(7g-20g程度)
  • スプール径 36mm : 中重量級ルアー(10g-30g程度)
  • スプール径 38mm : 重量級やビッグベイト

各メーカーやベアリングスプール重量によって様々違いはありませんが、幹はスプール径です.いままでベイトフィネスといえばスプール径32mmが一般的でしたが、今回ダイワさんはやってくれました30mmスプールの登場です.

スティーズCT SV TWとなんだかわけのわからない長ったらしい名前ですが、今年の期待リールはSTEEEZ!!!

  

シマノ 16アルデバランBFS XG

シマノ史上最も軽量なベイトリール

頑なに遠心ブレーキで設計してきたシマノ・・・

他のメーカーに押されてかマグネットブレーキに変更してきましたね.

やはり扱いやすいのはマグネットという結論でしょうか?

 

使用にあたってのインプレッションはとにかく軽いリールであり、

マグネットブレーキで1gもバッククラッシュなしでキャスト可能です.

 

しかし、このマグネットブレーキ

キャストは可能ですが、マグネットブレーキ装着モデルは

後半の伸びがなくなったような.......ぼくは飛ばなくなりました.

(これは慣れかもしれません?)

 

マグネットではない遠心ブレーキ搭載のアルデバランのほうがブレーキのクセがなく最後の伸びがあるように感じます(軽量ルアー1g台の話です)

逆にマグネットブレーキ搭載モデルは、3gからはトラブルが少なくキャスティングすることが可能です.

アルデ15の遠心ブレーキを16に搭載することも可能ですので、ベイトフィネスリールとして所有して間違いはありません.

どのモデルも扱いやすいベイトフィネスリールとして完成度は高いです.

  

左巻き

・右巻き

ダイワT3 AIR

ダイワが総力を上げてものづくりをしたベイトフィネスリール.

ブレーキは昔からマグネットブレーキを採用していましたが、アクセルの概念を取り入れたTWS(T-ウイングシステム).

アルデバランの紹介の時説明しましたが、遠心ブレーキに比較してマグネットブレーキでは、ブレーキシステムの特性上最後のひと伸びが抑制されてしまいます.それを解決するのがTWSです.なんとも理にかなった機能を搭載しています.

マグネットブレーキ搭載モデルではダイワが一歩抜けているように思えます.他のテクノロジーでは、

・マグフォース3D

マグネットブレーキを調節する3次元ブレーキ20段階のマグネットブレーキとあわせて60段階のブレーキ調節が可能.

ザイオン

軽くて強くかつ錆びないカーボン樹脂.カーボンなので弱さが気になるところですが、マグネシウムよりも強い剛性を誇るカーボンです.ダイワのリールは概して剛性が高く汽水や海水に強い特性を持っています.

・G1ジュラルミンスプール

軽くて強いアルミ系最強の素材超超ジュラルミンを使用したスプール.重さ6.9gしかありません.

 

左巻き

・右巻き 

 ダイワ SS AIR

ダイワSTEEZのフィーリングT3 AIRの性能を融合したモデルです.

全重量145gという軽量化を図ったベイトフィネスリール.

 

コンセプトは、1円玉クラスをキャストできるフィネス性能が売りです.アルデバランに対抗するモデルと言えます.T3AIRより安価であり、性能と剛性を求めるのであればT3AIRがおすすめ.

AIRブレーキシステム 

マグネットブレーキと相乗効果でフルキャスト時にはしっかりブレーキが効き、小さい力でのピッチングの低回転時にはイントロダクターが飛び出さず、スプールがスパッと立ち上がるメカニズム.

・G1ジュラルミンスプール

軽くて強いアルミ系最強の素材超超ジュラルミンを使用したスプール.重さ6.9gしかありません.

 

 

左巻き

・右巻き

アブガルシアRevo LTX BF8 

基本的に国産派だったのですが、

このリール現時点では軽さでは最も優れています.

自重129gしかありません!!!

しかも、ドラグフリッカーついてます!!!

 

いままで、アブのリールはチューナップして使うという

イメージでしたがこのリールノーマルでいいです.

全部いいとこ取り入ってます.

 

使用したフィーリングもピカイチで

不用意な大物とのやり取り時もいけました!

しかもこのクラスとしては安い

来シーズンはこれで決まりか?

 

左巻き

 ・右巻き

カルカッタコンクエストBFS

きました王者シマノカルカッタコンクエストにベイトフィネスモデル(2017年)

これを待っていた人も多いのではないでしょうか?

金色のボディではなく、渋い漆黒色の鋼ボディ

しかもハイギアモデル!!

丸型リールが好きな人はこれ以外のモデルは考えられないと思うが、欠点もあります.

他のベイトフィネスリールより随分重量があるので、現在の軽量カーボンロッドに合わせる場合はアンバランスですが、使用してみるとなめらかな心地と相まってカルコンBFSがメインリールとなりました.

 

 

f:id:pecomus1110:20170707193112j:plain

左巻き

・右巻き

スティーズ CT SV TW

ダイワベイトリールのフラッグシップがついにベイトフィネス参入です.

明確にはバーサタイルモデルとなっていますが、スプール径30mmですので、小さな軽量ルアーをストレスなくキャストできるはず.2019年の本丸モデルの登場です.

源流域から本流までこれ一つでこなせるバーサタイルモデルが満を持して登場です.

f:id:pecomus1110:20190117141725p:plain

 youtubeのインプレを見る限り、2g台のルアーをスキッピングでキャストしてますね.期待大のモデルです.早速予約してしまいました(苦笑)

 

 

ベイトフィネスリールの比較

個人主観ではありますがベイトフィネスロッドには、グラスブランクス若しくはグラスコンポジットが合っていると思いますので、ある程度重量のあるロッドに合わせる際には、カルカッタコンクエストBFSがBest.

軽量なカーボンロッドに合わせる際は、ロープロリールの相性がよいと思います.

 

軽量なカーボンロッドが主流の今、それぞれのロッドに合ったベイトフィネスリールの選択があると思います.実際にあわせて魚をかけてみないと本当の良し悪しがわからないのがタックルバランスだと思いますので、本記事を参考に自分にあったタックルバランスを模索するのも渓流ベイトフィネスの面白みだと思います.

私はシマノ派でしたが、数年間12アルデバランやSSAIRを使用した見た結果、キャストフィールはある程度慣れてくると、クセのない遠心ブレーキが軽量ルアーを使用する際飛距離が安定しています.

しかしながら、分解整備してみるとダイワの剛性が際立っており、がさつな自分としてはダイワのリールはやっぱり強いんだな〜という実感があります.

人それぞれ好みもあるでしょうが、

  • キャストフィールのシマノしかし、メンテが重要
  • 剛性のダイワ
  • 改造メンテナンス前提のアブガルシア

という特性はベイトフィネスリールでも同様な傾向ですが、2018年のダイワLTコンセプト発表から、イグジストとステラの性能差はほとんど違いがないかむしろダイワのほうが一歩抜きん出た感がありますので、2019年は同様の傾向がベイトリールにも現れるかもしれません.

  

リール名 メーカー 重量 ギア比 ブレーキ 糸巻き量
SS AIR ダイワ 145g 8.1 マグネット20段階 8lb-50m
T3 AIR ダイワ 160g 6.8 マグネット20段階+3モード(60段) 8lb-50m
16アルデバランBFS XG シマノ 130g 8.0 マグネット 8lb-45m
15アルデバランBFS XG シマノ 140g 8.0 遠心 SVS 8lb-45m
カルカッタコンスエストBFS シマノ 200g 6.8 マグネット 8lb-45m
Revo LTX-BF8 アブ 129g 8.0 マグネット 8lb-45m
スティーズ CT SV TW ダイワ 150g 6.3/8.1 マグネット 14lb-70m

 

アルデバランの130gとアブのTXBF8の129gとありえないような軽さのリールですが、145gと130gの差はロッドにセットした場合のバランスではほとんど変わりが無いのが私個人の体感です.流石にカルコンBFSの200gではわかりますが、、、、

結論は、リールの重さは軽ければ良いというものでもなく、あくまでタックルバランスが重要です.したがって、欲しいロッドと合わせて購入することがBestです.

 

 

 

www.peco1110.com

 

 

応援お願いします.

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!