ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

屈斜路湖ヒメマスのルアーフィッシング

広告

f:id:pecomus1110:20181112215520j:plain

道東弟子屈の神秘の湖 屈斜路湖

北海道東部にある神秘の湖屈斜路湖

一時は、湖にガスが発生し酸性化したため野生のトラウトが激減しましたが、

最近は魚の数も増えてよく釣れるようになったようです.

北海道でヒメマスもともといた湖はチミケップ湖と阿寒湖ですが、

阿寒湖とチミケップ湖のヒメマスを支笏湖洞爺湖屈斜路湖に移植し根付いています.洞爺湖支笏湖は岸からルアーフィッシングではなかなか釣ることは難しく、基本的にサビキや、トローリングなどで釣ることが一般的です.

屈斜路湖はルアーで比較的数が釣れることから、ヒメマスや場合によってはレッドサーモンがルアーで釣ることができる数少ない湖であります.

しばらく仕事が忙しくなかなか行くことができませんでしたが、弾丸ツアーで行ってきました(笑)

 

ルアーで狙える時期とタックル

ヒメマスやレッドサーモンが岸寄りする時期は、気温が下がってくる

10月から11月くらいまでであり、産卵時期に岸寄りしてきますのでキャッチアンドリリースを心がけましょう!(持って帰ってしまうとまた魚がいなくなります)

タックルはライトタックルで充分です.

スピニングであれば1000番から2000番台、ベイトタックルであればベイトフィネスリールに6〜7Ftのライトロッドが扱いやすく面白い釣りができると思います.

 

この時期の北海道は冷え込むので、充分な防寒をして釣りを楽しみましょう.

ルアーはシンキングタイプの5cm〜7cmくらいのミノーや

マイクロスプーン、スピナーなど、、、、

まあ、その時の状況によりますが、.

基本的にはリアクションバイトで釣ることになります.

 

いままで実績のあったルアーを紹介します.

 

Ray tune

最近お気に入りのとても良く泳ぐミノーです.

Dコンタクトの遊泳性を高めた感じのアクションで、よく釣れます. 

 

 Dコンタクト(スミス)

トラウトミノーのど定番で、もちろんヒメマスやレッドサーモンにも有効です.

 スピアヘッドリュウキ(DUO)

これもど定番の渓流ミノー

もちろんヒメマスにも効果的なミノーです.

 

ほかにも釣れるルアーはたくさんあると思いますが、

基本的にはこれらをローテーションで使用することが肝です.

コツさえ掴めば入れ食い状態もあります(笑)

 

この時期にしか釣ることのできない貴重なヒメマス・レッドサーモン

危険な場所も少ないので家族連れにもおすすめです.

面白いですよ〜

 

f:id:pecomus1110:20181112215519j:plain

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!