ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

【ガラスコーティングのホントとウソ!?】車の冬支度に最適な持続効果が高いカーワックスを比較する

広告

 

f:id:pecomus1110:20181111175856j:plain

 

車の冬支度に適したワックスはどれだ?

秋も深まり紅葉も終りを迎えつつあるこの頃.

冬を迎える前に、ワックスをしておこうと思っている方も多いのではないでしょうか?

 

これからの時期は冷えてくるため、車のワックスは難くなってくるため、

持続効果が高いワックスを選択し冬季間車のボディを保護したいですね.

 

持続効果が高いガラス系コーティングは業者さんに依頼すると10数万円と高額な料金(泣)

確かに業者さんのコーティング技術は素晴らしいものがあり、とても素人が敵うものではありません.

しかし、一般庶民のペコむすにはとても高額でなかなか手を出しにくく、(お金がある人は専門業者に頼むのが間違いないです)できるだけ安価で簡単に冬の過酷な塩カルや雪雨からボディを保護したいと思いませんか?

  

以前、ガラス系ワックスと定番のシュアラスターの比較をしてみましたが、

やはり持続効果が高いのはガラス系のコーティング剤.

しかしながら、一般的に通常のワックスより施工が難しいことが一般的です.

 

 

 

以前、ガラス系やシュアラスターの比較をした結果、ガラス系がやはり長期間コーティング効果が持続することから、持続力はガラス系

艶を出すならばシュアラスターが良いという結論でした.

簡単な車のワックス最強はどれ? ガラス浸透系ペルシードvsシュアラスターゼロウオーター - ペコむすのブログ

 

今回はDIYで施工可能な

次世代ガラス系コーティングanswer社のGENESISジェネシス)』

ミラリード社の『Pellucid(ペルシード)』を施工方法や光沢、水弾きなどを比較しました.

DIYで施工可能なガラスコーティングの実際

最近は安価なガラス系コーティング剤がカーショップなどで販売されていますが、

1%でもガラスが含まれていればガラスコーティングと表記されている のが現状です.

これは、ガラス系ワックスの明確な基準等がないためです.

したがって、安価な粗悪品はコーティング力がない製品も多く、安物買いの銭失いとならないよう、実績や評価の高いものを選ぶことをおすすめします.

 

また、半永久と謳っているペルシードも施工後1年経過しましたが、

半永久とは言い難く、いいとこ3〜6ヶ月でコーティング効果が低下している印象でした.(普通のワックスよりはずっと持ちますが...)

 

したがって、永久というワックスは無いと結論づけてよく

ある程度は繰り返しワックスまたはガラスコーティングを施工することが、

冬季間の厳しい汚れや塩カルなどから車のボディを保護することができます.

 

 

ジェネシスGENESIS)car factory answer社 

f:id:pecomus1110:20181111190908j:plain

 

最近評価が高いジェネシス

その理由はガラスコート以上の耐久性ワックスの艶の両方を兼ね備えているという

『次世代プロテクトコーティング』というのにふさわしい逸品.

 

しかも、誰でも簡単に施工できるということなので、実際に施工してみました.

 

 

ジェネシス コーティングの種類

現在ジェネシスには

  • 超滑水性;α(アルファ)
  • 超撥水性;β(ベータ)
  • 弱浸水性;Ω2(オメガ2)

そのほかベースコートと脱脂シャンプーが販売されています.

今回はワックス効果を検証するため、αとβとベースコートのセットを購入しました.

11月まで特別価格で販売しているのでこちらから購入がおすすめです.

カーファクトリーアンサー

 

コーティング施工の実際

f:id:pecomus1110:20181111200309j:plain

専用の脱脂シャンプーできれいに洗車し残り水を拭き取ります.

f:id:pecomus1110:20181111205843j:plain

 

乾燥後、専用スポンジでベースコートを薄く塗っっていきます.

f:id:pecomus1110:20181111205848j:plain

薄く塗っていくことがコツらしいです.

1〜2時間放置後専用のクロスで拭き上げていきます.

f:id:pecomus1110:20181111210011j:plain

乾燥後は結構力を入れてきれいに拭き上げます.
 

 今回はαとβとペルシードを比較したいと思いますので、

  • ボンネットの左半分がα
  • ターボの吸空口がペルシード
  • 右半分はβ

 に部分で分けて施工しました.

f:id:pecomus1110:20181111210130j:plain

上の写真が施工し、拭き上げ後の写真です.見にくいかもしれませんが

艶は

αが深い艶

βが光沢があるツヤ

ペルシードはあまり光沢がない感じです.

 

水をかけた場合の弾き感は、

f:id:pecomus1110:20181111210511j:plain

写真の通り

αは大きな水玉

ペルシードは流水される水玉

βは細かい水玉になります.

 

アルファ・ベーター・ペルシード比較表

  GENESIS α GENESIS β Pellucid
水の弾き方 大きな水玉が流れる 小さな水たまが流れる かたまりが流れる
ツヤ 深いツヤ 光沢があるツヤ あまりない
価格 ¥4,980 (200ml) ¥4,980 (200ml) ¥2,500  (150ml)

 

好みにもよるかと思いますが、

光沢感のあるツヤを出したい方はベーター

光沢ではなく深い感じのツヤはアルファ

ツヤはなくても良いけど流れれば良いならばペルシード

を選択すればよいかと思います.

 

経過を見てみないとわかりませんが、シュアラスターのようなツヤ感で

持続力があるワックスが理想なので、謳い文句どおり

3ヶ月から半年持つコーティング剤であれば、現時点では最強ワックスか

 

値段は高価であるけれども、光沢感と施工のしやすさは抜群で

11月30日まで割引があるので、冬の前に購入し施工するのにおすすめです.

 

 

 

 

 

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!