ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

ソリッドカーボンロッドが北海道のトラウトに最適だ!

 

f:id:pecomus1110:20190701191921j:plain

渓流にソリッドカーボンという選択肢

ブラックバスや食い込み重視の釣りではあたりまえ感があるソリッドカーボンロッド.

 

トラウトロッドといえば、

カーボンチューブラー(中空)かグラス、ボロンなどが一般的であり、

渓流から本流で釣るトラウトはジャンプしてフックが外れないようにするため、

ロッドアクションはパラボリックなものが向いているというのが定説でした.

 

しかしながら、ミノーイングが定番になり

定番のスプーンやクランク、スピナーなど様々なルアーを使用するようになってからは状況が一変...

よりルアーにアクションを与えるためには、

ファーストアクション寄りのロッドがルアーにアクションを加えやすく、有利であることは周知のとおりです.

 

一方で、

ミノーを扱いやすいロッドは高感度カーボンでファーストアクションが扱いやすと思いますが、この類いのロッドは折れやすく先ばかり曲がるので魚をかけてからバラしやすくピーキーな釣りを強いられます.

 

ぶっちゃけ、最近のロッドはファーストアクションが多く

ルアーはコントロールしやすいですが、不意にランカーサイズがかかった際に苦戦を強いられるロッドが多いのが現状です.

 

ソリッドカーボンロッドを半年ほど渓流にて使用していますが、食い込みがよく北海道のトラウトフィッシングに有用かと思いましたので、紹介します.

 

ソリッドカーボンの有用性

ソリッドカーボンロッドとは、カーボン繊維がぎっしり詰まったロッドのことであり、バスや食い込み重視の釣りで用いられているロッド製法.

 

中身がぎっしり詰まっているためロッド重量がある程度あるため、

長尺ロッドには向いておらず、せいぜい6フィート前半までのロッドが多い.

 

ソリッドカーボンの最大の特徴は、トルクが強く折れない(折れにくい)ことであり、グラスロッドに似た素直なベントカーブを作り出せるかつグラスより感度が良いというショートロッドに向いた材質.

ここでピンときた方も多いハズ!

はい!! 

渓流ベイトフィネス・渓流スピニング向きの材質です!!

 

感度

チューブラーカーボン>ソリッドカーボン>グラス

 

重さ

グラス>ソリッドカーボン>チューブラーカーボン

 

強さ

ソリッドカーボン>グラス>チューブラーカーボン

 

あくまで僕の見解ですのであしからず・・・

 

小規模河川から中規模河川で大物がかかる北海道仕様のロッドに

絶対に向いている素材です.

 

 

止水用には、エンジンのスペルバウンドサーキッドクラスを購入

今回はベイトフィネスソリッドカーボンロッド実釣インプレです.

  

ソリッドカーボンで一切妥協なしのロッドを自作する.

ソリッドカーボンの渓流ロッドなんてものは僕の知っている限り、サムルアーズくらいなものでこれは、希少な限定生産ロッドのため入手困難.

これは自作するしか道はない.

ないものは作るという信念のもと、購入するより高くつくかつ失敗の危険性が高い(苦笑)ロッドビルディングへの沼へ突き進みます.

ソリッドカーボンロッドビルディングの記事興味のある方はどうぞ

 https://www.peco1110.com/entry/carbonsolidrod

 

一切妥協しないということで数あるソリッドカーボンブランクの中で、

最も高額なマタギのソリッドカーボンに感度を向上させるために46tカーボンをコンポジッドしたブランクスを選定.

ガイドはバックラッシュを軽減するため、トルザイトチタンを12個装着.

というメーカーならば10万超え?のスペックで作成.

 

今回は半年間使い込んでの実釣インプレ

Engine スペルバウンドサーキッドクラス600SLH2MGとソリッドカーボンベイトVer.

スピニングとベイトのソリッドカーボンロッドの有用性を半年間かけて検証しましたのでインプレしてみたいと思います.

 

ソリッドカーボン対トラウト

前記したとおりソリッドカーボンは縦繊維がぎっしり詰まっているため折れないという(正確には折れずに裂ける)特性を持った材質です.縦繊維というと、UDグラスやバンブーといった材質もありますが、UDグラスは重い、バンブーはロッドとして理想的な材質と言われていますが、素人が手を出せる代物ではなく(作ってみましたが無理です)ビルダーが作ったものはかなりの高額であり、破損した際の心のダメージは計り知れないものがあります.

いままでかなりの数のトラウトを相手に実釣しましたが、折れる心配がないため余裕があり安心して大きなトラウト相手でも対峙することが可能でした.

実際には、秋鮭クラスのトラウトがかかっても上げることが可能なパワーを秘めています.

また、ベイトではガイドをたくさん装着するとブレーキになるようでバックラがかなり減少します.

渓流ロッドはスローアクションが向いていると思っていましたが、ミノーを扱う際には絶対にファーストアクションが良いのでファーストアクションかつ魚をかけたときにはベリー→バッドと曲がってくれるロッドが理想的です.

現在使用しているロッドはそれを体現したロッドアクションで、スローよりはバラシが増えるものの、ナイロンラインもしくはPEにやや長めのナイロンリーダーをつけることで解消されます.

いろんなロッドを売り買いして、

さらにロッドビルディングにて漸くたどりついたような気がします.

 

まあ、また他のロッドが欲しくなるんでしょうが、、、、(苦笑)

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

 

 

10年間持ち続けたiPhoneからAndoroidに移行して結局iPhoneに戻った4つの理由

 

f:id:pecomus1110:20190930220606p:plain




Android osは進化したもののiosの安定性には及ばない

ファーウエイのトリプルカメラの威力に魅せられて、iPhone 3GSから根っからのapple信者の僕がAndroid(ファーウエイP20 pro)に移行して約一年が経過しました.

P20 proのトリプルカメラの威力は凄まじく、何も考えずただシャッターボタンを押すのみで数々の素晴らしい写真を残してくれました.

f:id:pecomus1110:20190930184608j:plain

f:id:pecomus1110:20190930184604j:plain

渓流つりをしつつ、写真を取るという僕の趣旨には

一眼レフの装備は重すぎであり、スマホで良い写真を取ることができるファーウエイのP20proはものすごいインパクトでした.

f:id:pecomus1110:20190930184559j:plain

【写真はすべてP20 proにて撮影】

しかしながら、

このAndroid端末、iPhoneより自由度は高いものの安定性や連携性などはiPhoneには及ばず、半年ほど経過してからの意図しない再起動の連発などスマートフォン本来の機能はやはりiosの安定性は素晴らしいことを再確認.さらに3GS時代からの生粋のアップルユーザーのため、アプリや家族との連携、macなどgoogleを介しての連携のため、使えないことはないですが、普段何気なく使用していたメモアプリや、写真のシームレスな同期などアップルのosデザインと安定性は、Android端末の随分先を行くものということを再確認していました.

今月でキャリアのキャッシュバックが最後とのことから、10年間持ち続けたiPhoneへ元の鞘に戻ることを決意し、AndroidにはないiPhoneのよさを書き留めておきたいと思います.

 

① osそのものの安定性 

 Android端末そのものの性能はiPhoneより魅力的な製品が多く、特にカメラ性能はiPhoneより性能は上です.しかし、ウインドウズなどパソコンと同じように端末とosの造り手が違うため、機種の性能を最大限に活かしきれていないのが現状かと感じます.

Androidを使用して1年間のあいだ意図しない再起動が複数ありました.これはiPhoneにもあることかと思いますが、Androidの方が遥かに多いです.

 

②osのアップデートがない

osのアップグレードはiPhoneでは、毎年無料で行われますが、Android端末は基本的にありません(不具合かつ端末メーカが推奨した場合だいぶ遅れてある場合あり).

すなわち、iPhoneは機種交換をしなくとも、毎年新しいosを使用することができますが、Androidの場合はそれはありません

 

 ③友人や家族、Macとの連動性

日本はアップルユーザーが多く、iPhone一強状態です.

僕の場合は家族はみなiPhone周りもアップルユーザーが多いため、Androidに機種変更するとairdropなど今まで簡単に送れた書類などを送信することができず、大変不便になりました. 

 

④ウエアラブルデバイスとの連動性 

ウエアラブルデバイス、要はアップルウオッチやWear by googleスマホとの連動性ですが、これはもう言うことなくアップルウオッチの独走です.

カシオPRO TREKAndroidと連携させて使用していましたが、アクティビティの管理や連携性などはまだまだアップルウオッチには遠く及ばずといった使用感です.

今は、apple watch5とiPhone XS を連携させて使用していますが、純正アプリの連動性や心拍数をはじめとしたアクティビティ管理、ナイキトレーニングやランアプリなど連携性が高く秀逸です.

ただ一点はgoogle mapを使用できないこととバッテリー性能のみです.

 

まとめ

Androidは機種単体では魅力的な機種が多いものの、osとの連携やアップデートの継続性に劣ります.コストパフォーマンスはアンドロイドで良ですが、最近の高額な機種料金をみると頻繁に買い換えることは難しくなりつつあります.

iosは5年は新しいosに更新できるので、長く持たれる方、

ストレスなく携帯電話を使用したい方にはやはりiPhoneという結論です.

 

 

 

 

 

 

【ソリッドカーボンロッドビルディング】強くてしなやかで重いという素材で渓流最強ロッドを作る

 

 

f:id:pecomus1110:20190623125701j:plain

トラウトにソリッドカーボンという選択肢

今年は釣り人生の中で最もロッドを短いサイクルで購入した年です(苦笑).

バスのトップウォーター用から縦繊維のグラス素材...

オールドに憧れてチャンピオングリップ仕様など......

 

様々なロッドを試しましたが、一長一短で自分にあったロッドがなかなか見つからないという大迷宮入り(苦笑).

レンズ沼ならずロッド沼にどっぷりはまってしまいました.

 

使用するプラグや場所、さらには対象魚に合わせたブランクはないかと..

試行錯誤する毎日.

 

北海道の中規模河川で大型トラウトをターゲットとするブランクは

5Ft後半から6Ft前半くらいまでが扱いやすく、

ルアーウエイトはmax10グラム前後のブランク(いわゆるLパワーのもの)

スローテーパーがトラウトに向いていると言われていますが、

最近はミノーを多用するスタイルなので、レギュラーからファーストアクションがアクションをつけやすい.

また、不用意な大物がかかるため粘ることができるブランクが理想的なのですが、

メーカーから販売されるロッドは大物がターゲットだとブランクが硬すぎてキャスティングしにくかったり、

逆に、しなやかな部類のロッドは柔らかすぎてルアーアクションが難しく、

大物がかかった際に上げることが難しいなど....

相反する性質が多々あり自分の趣向にあったロッドというのは出会うことが非常に難しいです.

 

ソリッドカーボンという材質

通常販売されているロッドは、中空構造のチューブラーという構造が大半です.

これは、ロッドの軽量化や感度を上げるために必須の構造ですが、カーボンがびっしり詰まったソリッドという構造があります.

ソリッドのロッドは重いことや感度が悪いという欠点があるため、嫌遠されがちですが

細く作れるためしなやかなベントカーブを描くことができ、

しかも強いという釣るために必要な要素がチューブラーに比較して優れています.

 

ただ、トラウトロッドに採用しているロッドは僕の知っている限りなく、

自作する以外道はないです.

 

ないものは自分で作るという精神のもと

トラウト用オールソリッドカーボンロッドビルディングにチャレンジすることとしました.

 

オールソリッドカーボンブランクの選定

有名所のブランクでマタギとジャストエースにオールソリッドのカーボンブランクが販売されています.

マタギは5フィート11インチ、ジャストエースは5フィート

カタログ上の違いは、マタギのソリッドは感度を上げるため上に40tカーボンを巻き付けてあり、レジン含有率が多く感度がやや悪いソリッドカーボンの欠点を補正したモデル!!

後悔したくないためマタギのブランクに決定することとしました.

 

リールシートとグリップ

ロッドビルディングは道具さえ揃えば、プラモデル同様レベルでできる比較的簡単な作業ですが、簡単であれば奥が深いというものです.

それは、無限とも言えるパーツの組み合わせ....

初めて作る人であればどれを選んでよいのかわからず、迷宮入りします(苦笑).

 

いまはネットなどで簡単に情報が手に入りますが、

それでも明確な道標はないため、プロの店員さんに聞いて選定するのが近道かと思います.マタギやサパロなどノウハウが有るショップに聞くと丁寧に教えてくれるのでおすすめです.

 

f:id:pecomus1110:20190622225559j:plain

今回はリールシートも塗装してもらいました.

 


リールシート接着作業 

構想(妄想)3週間!? 発注5日にて、ようやく材料が揃い組み上げる段階まできました.ロッドビルディングはオフシーズンにやるべきですね(苦笑).

まずは、コルクの成形をします.

f:id:pecomus1110:20190622225602j:plain

ドライバードリルにコルクグリップを固定してヤスリがけしていきます.

100番⇒240番⇒600番

もっと丁寧にやればきれいに仕上がると思いますが、釣りに行く時間がなくなるのでオフシーズンにきれいにします.

カーボンパイプとリールシート、グリップを30分硬化型エポキシボンドで接着.

f:id:pecomus1110:20190622225606j:plain

 

ブランクの接着

マタギのソリッドカーボンはスパインがあるので、テープで印を付けて

スパインがちょうどガイドの位置になるように調整.

隙間を埋めるのにアーバーも考えましたが、隙間は1ミリ程度なのでタコ糸で調整後、エポキシ30分硬化型で接着.一日程度触らず放置...

 

ここまでで、4日かかってます(苦笑)

 

ガイドの装着 

この長さで、メータオーバーのイトウと勝負できるルアーロッドが目標なので、

一切妥協せず、ガイドはトルザイトチタン12個仕様(笑)

1番ガイドはライントラブル軽減を目的にKWガイド、超豪華仕様のガイドとしました.(体感できるかわかりませんが)

また、非常に手間がかかりますが、

ダブルラッピングで固定することとします.

f:id:pecomus1110:20190623125643j:plain

まず、下巻き

f:id:pecomus1110:20190622225615j:plain

その後にエポキシコーティング...

ほんとに手間がかかります.

できたときの喜びもひときわな予感!

 

ガイドを12個固定し

エポキシコーティング2度塗りで完成.

 

文章に書くと非常に簡単ですが、

何度も失敗調整を要したため、2週間ほど釣りにも全く行かず

引きこもりした結果完成!!!

f:id:pecomus1110:20190623202838j:plain

ガイドのスレッドが派手すぎなような気がしますが、自己満足の世界



f:id:pecomus1110:20190623125701j:plain


このベントカーブは只者でない!!

一本でミノーからスプーン・スピナーまで全部イケそうなロッドが仕上がりました.

カーボンソリッドは反発力が半端ないので、飛距離も十分すぎるほど!!!

欠点は重いことか...

グラス並のしなやかさとカーボンの感度をもつ最強ロッド完成です.

 

小規模河川でテストしましたが、2g〜14gくらいまでは快適に使用できるフィーリングです.ガイドの効果でバックラッシュが減ったような増えたような...

 

 

反省点は、釣りに行けなくなるので

今後はオフシーズンにやることにします.

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

 

広大な本流で大型トラウトと対峙するロッドはワールドシャウラで間違いない!! 

 

f:id:pecomus1110:20190514185642j:plain


 

本流はスピニングタックルが優れているで間違いない

毎日のように睡眠時間を削り、毎朝ポイントへ出かける日々...

僕は基本的にベイトタックルで釣りをするのが好きですが、

アンタレスDCMDでも届かないあの場所へルアーを放り込みたい!

 

本流の釣りは強風や突然な雨・雪など

気象状況が変化することも多く、

いついかなる状況でも安定したキャスティングができることが、魚を釣り上げることのファーストステップとなることから本流の領域に関してはスピニングタックルが現時点ではBestという選択になりました.

とくにマイナス気温となる北海道では、ガイド凍結との戦いとなる場合もありますので、ベイトタックルではトラブル続きで釣りにならないという本末転倒な状況も多々あります.

千載一遇の大型トラウトを釣るためには、

状況と場所にあったタックルで望むことが、メモリアルフィッシュと巡り会える確率が高まることをここ一年間で嫌というほど学びました.

 

最近のトラウトロッドの傾向と北海道

近年のトラウトロッドはミノーイング全盛時代も相まって

マイクロガイドでファーストテーパー仕様が多く、そういった類のロッドは操作性が良いのは明らかであり、スレきったやる気のないトラウトを釣るためには素晴らしいロッドと思います.

しかしここは北海道...

はっきり言って北海道にはマイクロガイドやスレきったやる気のない魚を相手にする必要はありません.確かに人気ポイントはその傾向はありますが、場所を変えればよいだけです.

フィールドターゲットが本州のロッドでは、北海道の不意にかかる大物をあげることはできず悔しい思いをしてきました.

 

ベイトタックルとスピニングタックル

広大なフィールドで必要なロッド性能は遠投性能とロッドパワーであることは明白であり、タックルに合わせて釣りをするのではなく、場所に合わせてタックルを選定するという大前提をわすれ、無理にベイトタックルを選択していました.

 

確かにベイトタックルの利点も多くあり、比較的近距離戦には大きなアドバンテージが有るものの、刻々と変化する自然環境のなか安定したキャスティングを繰り返すためにはまず、トラブルが少ないこと・安定した飛距離が出せること

これがまず重要と考え、本流でのルアーフィッシングはスピニングが良いと言う結論に達し、モンスターリミテッドやエムアイレなど迷いましたが、

19年newモデルということもあり、ワールドシャウラ2832RS-2を購入しました.

 

実釣によるインプレッション

f:id:pecomus1110:20190514185702j:plain

今年はサクラマスをすでに100本近く釣っていますが、

2822RS2は、本流サクラマスに対しては、オーバーファイト気味のロッドです.

しかし僕の夢は70overのサクラマスなので北海道で釣るためのタックルとしては現在では最強かと思っています.

他に、バリバスビッグトラウトや、エムアイレなど試しましたが、

バリバスはファーストテーパでミノーイングには最高ですが、比較的大型なトラウトがかかった場合に若干不安があること、エムアイレのボロンコンポジットは歳のせいか重くてキャストが疲れてくる(泣)ため手放しました.

ロッドは適材適所と思いますが、僕のフィールドではワールドシャウラがBestです.

19ワールドシャウラはカーボンモノコックグリップ仕様となっています.

持った感触ではモンスターリミテッドより先重りしている感じがしますが、リールを装着すると一変しますね.

やはりロッドはの重量は『軽さが正義』

さすが王様監修のシマノ最高峰ロッドと言う感じです.

 

本流は春夏秋冬これ一本で間違いないという感じのロッドです.

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

【ダイワベイトリール】 スティーズ CT SV TW が北海道の渓流釣りに最適な理由

 

スティーズCT 渓流釣りインプレ 

スティーズ CT SV TW

なんとも長ったらしい名前ダイワフラッグシップのベイトリール.

今春発売とともに入手し実釣しましたのでインプレしたいと思います.

 

f:id:pecomus1110:20190411213752j:plain

 

何故 スティーズ CT SV TWが北海道の渓流に最適なのか?

北海道の渓流では、不用意に大物がかかります.

ベイトフィネスタックルで何度泣かされたことか....

 

ベイトフィネスリールは軽量ルアーがキャスティング可能で、

ある程度のなれが必要ですがスピニングよりも太いラインが使用可能なことやキャスティングの動作が少ないため、単純にキャスト回数が増え、結果釣れる確率が高まることが最大の利点です.

しかし、スプールや他のパーツに剛性がないことから、

大物がかかった際に何度も悔しい思いをしたことか....(泣)

意外なところに不用意に川の主は潜んでいるものです.

 

ベイトフィネスからバーサタイルまで使用できるタフさを持ったリールがずっと欲しかった...

今までは無かったので、カルコンなどをカスタマイズして軽量ルアーまで使用できるようにしていましたが、重量とベイトフィネススプールの構造的な弱さが弱点でした.

 

今春満を持してベイトフィネスからバーサタイルまで使用可能な

ダイワのフラッグシップリールを入手しました!!

 

凍結対策とベイトリール

ご存知の通り、北海道は寒さが半端ないです.

寒くなる時期に大型なトラウトが比較的釣れますので、ガイドやリールの凍結対策は必須です.

リールの凍結対策などなされているものは、

ほぼありませんので、自分で見極めて使用する必要があります.

様々なベイトリールがあるなか、Tウイングシステムはリールで最も凍結しやすい放出部、レベルワインダーのギミックによって放出部が開くシステムとなっています.

そのため、マイナス気温でガイドやラインが凍る時期も、明らかに通常のシステムより凍結に強いです.

さらに、30mmスプールにてベイトフィネス領域まで軽量ルアーをキャスティングできるかつ、他のパーツは剛性の高いベイトリールですので、渓流から本流までスティーズCT 1つのリールで軽量から重量級ルアーまでOKというヘビーバーサタイル仕様となっています.もう数回渓流から本流で使用していますが、本気で2g〜20g程度まで使用できちゃいます(試してませんが1ozも可能かも?).もうベイトフィネスリールはいりませんねていうレベルです.(苦笑)

 

欠点は、スプールが小さいため

モノフィラメントラインを使用する際の糸よれですが、ソフト加工のナイロンライン(バリバスVEPやファメルスーパーソフト)を使用するか、モノフィラメント系PE(スーパーファイヤーライン)などを使用することで解消可能かと....

凍らない時期は、PEラインを使用することで全く気にならないです.

 

f:id:pecomus1110:20190411213757j:plain

 

これは、すごいベイトリールが出ましたね!!

ベイトリールの進化が止まらないですね.

これは絶対オススメのベイトリールです!!

一つで渓流から本流域までカバーできちゃいます.

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!