ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

【ルアーフィッシング基本のスプーン】ただでも釣れるスプーンにアワビ貼りで釣果を倍増させる

広告

 

f:id:pecomus1110:20180701191632j:plain

 

渓流ルアーフィッシング基本のスプーン

北海道でもようやく初夏が訪れ、

それに連れて水温も上がっているので釣果が上向きです.

渓流ミノーイングが全盛の時代ですが、

ボトムから表層まで

釣り方によって様々なレンジを探ることができるスプーン

やはり、ルアーフィッシングの基本であり、

未だに第一選択のルアーであるアングラーも多いのではないでしょうか?

 

ぶっちゃけ、高活性時期にはどんなルアーも釣れてしまいますが、

多くの魚が釣れたほうが楽しいので、ただでさえ釣れる鉄板スプーン達をさらに釣れるルアーに変身させます(笑)

 

鉄板スプーン 

いろいろなスプーンを使ってきましたが、

自分の釣り方で(基本アップでダダ巻)釣果が高かったスプーンを紹介します.

目次にあるのが僕の中での鉄板スプーンです.

 

 

SMITH PURE (スミス ピュア)

トラディショナルな定番スプーンであり、使いやすいティアタイプのスプーン.

重さも管釣りでも使用できる1.5g〜本流河口などでも使用できる18gまでラインナップされており、必ずタックルボックス一軍に入れておきたいスプーンです.

複雑な流れにも素直に流すことができるスプーンの一つです.

PUREシェルver.もありますが、ノーマルverにプレーンのシェルを貼ると元のカラーが透けて浮き上がるようなテイストになります.

渓流域では2.7g/3.5g/5g/6.5gあたりを揃えておくとよいでしょう.

 

SMITH PURE 2.7g

SMITH PURE 3.5g

SMITH PURE 5g

SMITH PURE 6.5g

ルアーフィッシングをする人であれば、誰しもが持っている(または、持っていた)スプーンと思います. もし、2軍タックルボックススプーン?をアワビを貼ってカスタマイズすると 元々釣れるPUREもさらに釣れるルアーへ変身させましょう.

 

SMITH D-Sライン

今年発売された新しいスプーン.

最近販売になったスプーンは独自の形状をしているものが多い中、

比較的スタンダードな形状をしているが、使用してみたところびっくり!

複雑な流れの中にも比較的泳がせやすく、非常に使用しやすいスプーンです.

現在の渓流域での第一選択として活躍してくれそうです.

 

・4g 36mm 

 ・5g 45mm

 ・6.5g 45mm

 

D-3 Custum カスタムスプーン 

肉厚で小粒なシルエットのスプーン.

重量があり、遠投性が高いスプーンです.

流れが早い場所も抵抗が少ない形状のため底を取ることが容易のため底に潜んでいるトラウトにアプローチする事が可能.

どちらかというと急流や大場所用のスプーン.

 Art fishing Bite (忠さんスプーン)

 1970年台から販売され続けている常見忠さんのBite スプーン.

今もなお、基本のスプーンとして釣果を出し続けています.

50年近いロングセラーモデルとしてスプーンといえば忠さんスプーンという

絶対的な信頼感から多くのアングラーに愛され続けているスプーン.

カラーリングと重さのバリエーションも豊富で、好みのカラーが必ず揃うのも魅力の一つ.通常モデルにアワビを貼って元のカラーを浮き立たせることも可能.

 

また、圧板仕様のため、

厚くて重い流れにも負けないで底を取りやすく

アワビ仕様でまさに北海道仕様のスプーン

・シェルver. 6.8g

・シェル北海道限定 15 g

 ・シェル北海道限定19.8g

管スプーン 

渓流源流域で絶大な威力を誇る管スプーン.

ダダ巻でまさに小魚のような泳ぎをします.

真鍮のためフォール速度がほかのスプーンよりも遅く、トロ瀬では底まで落として使用.急瀬では流れに任せてもOK.

難点は、カラーリングの塗装がすぐに剥げることですが、アクション自体はまさに小魚としか見えないレベルで、そのままでも十分釣れるのですが、アワビを貼ってさらに怪しい輝きにすると、さらに魚が食らいつきます.

 

・渓流セット

比較的使用しやすい2.7gの渓流セット

・初心者セット

初めて渓流ルアーフイッシングをされる方におすすめ.

手頃かつキャストして巻いてくるだけで釣れるので、初心者におすすめ.

・2.3g

・2.7g

・5g

・8g

小粒で肉厚

しかも泳ぐという、まさに万能なスプーン

最近は管スプーンかSPLTが最も信頼できるスプーンとなっています.

重量があるのに管スプーンと似た小魚のような動きをします.

しかも安価と来たら、使わない選択肢はありませんね(笑)

 

欠点はすこし塗装が弱いので、アワビを貼ってさらに集魚力と塗膜の強化をしています.

 

・4.0 g

・5.0 g

・6.2 g

・7.8 g

 アワビ化させて戦闘力をさらに上げる

最近メインで使用しているスプーン達.

この子達はただでさえ普通に釣れるスプーンですが、さらにアワビを貼って戦闘力をあげてやります.どのメーカーのアワビでもよいと思いますが、アワビ本舗のものが厚手で好んで使用しています.場合によっては薄手のほうが良いかもしれません?

 

アワビの色と用途について

・日本アワビブラック

は中は透けて見えませんので、塗りつぶしてしまいたい場合に使用.最もよく見かけるアワビですね.怪しい光沢が集魚力を増します.

ニュージーランドアワビ/ナチュラ

下地が透けて見えますので、元のカラーやバーマークなどを活かしたアワビルアーを作ることができます.

 

ニュージーランドピンク

その日と場所の状況によってだと思いますが、ピンクがやたら調子が良い場合があるのでピンク色も貼っときましょ(笑).

 

日本アワビ系が品質が良いらしいですが、

ニュージランドや台湾なども市販されているアワビシートは品質が良いと思います.

その日の調子の良いカラーがあると思いますので、状況に合わせた色で勝負!!

 

また、コーティングは

水性ウレタン3回ドブ漬け→

普通のウレタンドブ漬け2〜3回ドブ漬け

 

水性はサラッとしているので、あわびなど貼る場合に適しています.

また、水性だけではすぐに塗膜が剥がれてしまいますので、その上に油性のウレタンコーティングを2重にドブ漬けするとより強力な塗膜を張ることができますが、

油性のウレタンは粘張力が高いのでうすめ液で少し希釈して使用すると比較的段差がなく仕上げることができます.

 

 はい、完成です.

 

f:id:pecomus1110:20180702190849j:plain

 

 そろそろカラフトマスの時期なので、樺太仕様のスプーンも作成予定!

期待していないかもしれませんが、乞うご期待!!

スペシャルルアーを自作する予定!

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!