ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

【冬季限定の日本酒を愉しむ】生原酒ってどんな日本酒なの?

広告

 

 

冬季限定 生原酒

ども〜

限定品に弱いペコむすです(笑)

 

行きつけの酒屋に行く度に限定品の品を買っては、結局いつも飲んでいるのが美味しいなあと思ってしまうこの頃です.

今回は、超有名でいつも美味しいお酒を提供してくれている

新潟県朝日酒造久保田の冬季限定生原酒と

同じく新潟県八海醸造の八海山の生酒を購入して飲んでみました.

f:id:pecomus1110:20170219190704j:plain 

生原酒とは?

日本酒は通常出来上がった原酒を、ろ過・加熱処理・希釈調整し瓶詰めし出荷します.

生原酒とは、加熱処理・希釈調整せずに出荷されるしぼりたてフレッシュな日本酒のことをいいます.

したがって、加熱処理していない生状態のお酒ですので長期間の管理は難しく、

冬期間の温度が低い期間限定の日本酒です.また、希釈調整していませんので、アルコール度数が通常15度前後ですが、18−9度前後とアルコール度数が濃いのも特徴です.

 

生酒の味について 

その銘柄にもよりますが、一般的に個性的で味が強い日本酒が多いです.

味が強い日本酒が多いので、料理と合わせることは難しく

もし合わせるのであれば、味が強く塩分が強い食事と合わせることになるので、呑兵衛の酒として認識するとイメージが湧くかもしれません.

また、個性が強すぎる生原酒は、氷でオンザロックで飲むと味がまるで変わることがあります.

よって、季節を楽しむお酒としてはおすすめですが、普段の晩酌には趣向性が強く向いていないと思います.

ですが、寒い冬期間限定ですので、生酒が酒屋に並ぶ季節は、

もうすぐ春ですね〜

なんて感じながら週末を過ごすなど

乙なお酒となることでしょう.

 

オススメの生酒

・久保田生原酒

生原酒を出せる酒蔵は限られていますが、出すっていうことは自信の現れ.

久保田の生酒も蔵元が自信を持って出している酒の1つです.

荒々しい中にもフルーティさがあり、これぞ生酒という感じの日本酒です.

  

 ・八海山 越後で候 しぼりたて生

久保田同様フレッシュで荒々しさがある日本酒

やはり新潟の蔵元自信を持って生酒をだしている名門です.

久保田より若干飲みやすさがあるような感じがしました.

 

・出羽桜 桜花吟醸酒 

生酒といえば出羽桜と言われるほど、1980年より一切火入れしない製法で販売している生酒の草分け的存在です.実際に酒蔵まで出向き試飲してみましたが、生鮭特有のクセがなく抜群に美味い生酒です.

これから生酒を飲んでみたいという方には、是非とも出羽桜桜花吟醸酒をオススメします.

 

 

グルメ・料理・BBQ カテゴリーの記事一覧 - ペコむすのブログ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!