ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

ルアーケース・フライボックスは100均で自作にかぎる! 

広告

 

f:id:pecomus1110:20180415104538j:plain

 

100均クリアケースとコルクシートでルアーケースを自作する

 

ルアーやフライなど釣り場に持っていくためのルアーケース・フライボックス.

釣具屋で眺めてみるものの、

思ったとおりのサイズがないかつ意外に高い.

ウエイトや釣り場に応じた整理がしておいたほうが、持ち歩く際に軽装備で快適に釣り歩くことができるので、そのウエイトに応じたケースをすべて購入するとなると・・・・結構な額になってしまいます.

 

そうだ!

庶民の味方

100均があるじゃないか!

ということで、100均のクリアケースを用いてルアーボックスを自作することとしました.

 

ダイソー・セリア・キャンドゥ

まず、100均を物色開始.

ルアーサイズに合うかつベストに収納可能なボックスを

ダイソー・セリア・キャンドゥで探してみる.

ダイソーの大型店で探してみるが、品揃えは豊富なものの比較的大きいサイズのケースが多く、仕切りが予めついており自作には向かないクリアケースが多い.

 

次にセリア.

f:id:pecomus1110:20180415110528j:plain

 なかなかオシャンティなケースを発見!

とりあえず.これで作ってみる.

コルクの鍋敷きをカッターで切断し、ケースに貼り付けて試作品の完成!

f:id:pecomus1110:20180415110828j:plain

さっそく張り切って釣り場に持っていくことにしたが、

ベストには入るものの、この厚み.

f:id:pecomus1110:20180415110919j:plain

がきにくわない苦笑

 

もっと小さくて、小分けにできるケースがほしい.

セリアには小さく薄いケースは売っていない.

 

続いてキャンドゥ

キャンドゥにはありました.

薄くて小さいケース.

しかも仕切りはあとから装着するタイプ!

シンプルな構造のほうが自作するには向いており、

これならベストに小分けにして収納できそう.

 

ということで、ケースはキャンドゥのものに決定!

あとはコルクシートの選定.

粘着シート付きとそうでないものがありますが、

作ってみたところ、粘着シートがついていないコルクシート

のほうが、接着する際に簡単です.

接着剤は、プラスチック用のボンドを使用.f:id:pecomus1110:20180415104331j:plain

最近の100均は何でもあります.

底力半端ないっす.

 

コルクシートをカットしてプラスティック用ボンドで接着

f:id:pecomus1110:20180415104327j:plain

 

f:id:pecomus1110:20180415104334j:plain

 

次にコルクの鍋敷き

これもキャンドゥに売ってます.

f:id:pecomus1110:20180415104342j:plain

これをカットし、木工用ボンドで接着.

完全に乾燥すると剥がれることはなさそうです.

コツは、接着する際に触らないこと!らしいです.

f:id:pecomus1110:20180415104348j:plain

塗装をせずに使用すると水が付いたら染み込んでしまうので、

オスモカラーでフィニッシュして完成!

オスモカラーは天然塗料なので、なににでもも使用することができるので

1つ持っていたら便利です.

 

 

f:id:pecomus1110:20180415112144j:plain


一般的に販売されているルアーケースはEVAにフックを刺す仕組みですが、

コルクでも固定はOK.耐久性は微妙ですが、見栄えは良いです.

 

一度作ってみた感想ですが

 

『もう二度と割高なケースは買う気にはならない』

 

です.

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!