ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

医療従事者が教える 熱中症対策とやってはいけない1つのこと

広告

関東もようやく梅雨明け宣言がでて、

暑い夏がやって来ました。

 

ですが、熱中症による熱発や心筋梗塞脳卒中なども増加する季節です。

特に小中学生や、老人など比較的身体が弱い方々は要注意です。

私は病院に務めていますので、暑い日の救急車がくると

『またか〜』ってかんじで熱中症の処置で忙しくなります。

2015年の厚生労働省の報告では夏季の時期40万人以上の方が熱中症に罹り、550人の方々な亡くなられています(8割以上が老人です)

 

これは、病気全体に言えることですが、

予防が最も大切ですし、ならない事にこしたことはありません。

正しい知識と対処方法を身につけましょう。

 

熱中症にならないための予防策

  • 最も重要な予防策は水分補給です

水分補給と言っても単純に飲水すれば良いと考える方もいらっしゃるようですが、汗で失われた電解質を補充することも重要です。

スポーツドリンクや、電解質入の飲料水をおすすめします。

  • 直射日光を避ける

熱中症の原因は体温の上昇です。すなわち体温を上昇させなければ熱中症にはなりません。人間の体は暑いと発汗するように作られています。

人間の体の体温調節機能は首の後にあります。暑い時や汗をかいた時

首の後ろを冷やすと汗は引きますが、身体は暑いままの悪循環になってしまいます

汗をかいた時暑い時は、血流が多い脇の下や足の付根を冷やすようにしましょう

 

熱中症になってしまった場合の対処

熱中症の症状は、めまい、失神(立ちくらみ)、生あくび、大量の発汗、 強い口渇感、筋肉痛、筋肉の硬直(こむら返り)、 頭痛、嘔吐、倦怠感、虚脱感、意識障害、痙攣、せ ん妄、高体温等などですが、このような症状がある際の対処方法が重要となってきますが、以下に対処方法を示します。

 

①日陰の涼しいところに移動させる

 

②ナトリウムの欠乏症を補うため100mlあたり40-80mg程度ナトリウムを含んだスポーツドリンクや経口補水液オーエスワン大塚製薬)などを可能な限り飲水させる。ただし、スポーツドリンクはナトリウムが少なくブドウ糖を多く含んでいるものが多いため塩飴なども同時に摂取させたほうが良い

 

③鼠径部(足の付根)や腋窩(脇の下)を氷で積極的に冷却する。首は冷却しない

 

現場でできることをやって症状が改善しない場合は直ちに病院へ向かいましょう。

 

 

 

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!