読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

【骨折の治癒力を最大限高める】3つの栄養素と食事療法とサプリメントの重要性

スポーツ選手につきまとう怪我

どーも ペコむすです。

先日とても悲しい事件がありました.

 

f:id:pecomus1110:20170310155006j:plain

ペコむす息子がフットサルで骨折をしてしまいました(泣)

せっかく一生懸命サッカーを頑張っていた矢先のできごとだったので

かなりショックな様子のぺこむす息子........

 

親としてはメンタルのサポートも重要となりますが、

できるだけ早く治してあげたい.

私は整形外科専門ではありませんが、

医学的知識は多少なりとあるので骨再生のメカニズムを再学習して

骨折を少しでも早く治癒させる栄養療法を紹介しようと思います.

 

骨の構造と再生のメカニズム

・骨の構造 

骨の構造 海綿骨 皮質骨(緻密骨)
特徴 中心の柔らかい骨 海綿骨に取り巻いている骨.固くて丈夫な骨
成分 水分:25%
有機質:30%
無機質:45%
骨の空間は骨髄組織
水分:5%
有機質:30%
無機質:65%
ミネラルが多い硬い骨.有機質の大部分はコラ−ゲン.
無機質の大部分はリン酸カルシウム

さらに、骨膜が骨の外側を覆っています.

骨の再生と破壊は(リモデリング)は、骨芽細胞細胞によって行われ、活性型ビタミンD副甲状腺ホルモンが骨芽細胞を刺激してリモデリングする.リモデリングに必要な栄養素はコラーゲンとリン酸カルシウム、ビタミンが大部分を占める.

 

骨の代謝は少し難しい感じがしますが.....

要は骨を合成する栄養素は

  1. コラーゲン
  2. カルシウム
  3. ビタミン

この3つを効率よく摂取させることができれば治癒を促せるはず.

1.コラーゲンを多く含む食材

コラーゲンを多く含む食材は動物性食品と海洋性食品

食品種類 動物性食品 海洋性食品
食品名 豚足、鳥の皮、手羽先、
牛スジ、牛テール、
豚バラ、牛骨豚骨
スッポン、フカヒレ・エイヒレ
魚の皮、なまこ、カレイ、
エビ、クラゲ

 これらの食品に多く含まれていますが、概してコラーゲンを多く含む食材は高カロリーなものが多く高級で手間のかかる食材が多いです.

したがって、一度にたくさん食べることは一般家庭では難しく、カロリーオーバーになってしまうため、なかなか難しい........

コラーゲンを効率よく摂取するためには、サプリメントがbetterか

 

・スポコラSPEED3Xファイバープロテイン

3種のプロテイン

  • 1型コラーゲン(鯛)
  • 2型コラーゲン(鳥)
  • 3型コラーゲン(卵)

栄養成分は

栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー 89kcal 炭水化物 6.4g
タンパク質 15.9g ナトリウム 36.1mg
脂質 0.1g ビタミンC 874mg
フィシュコラーゲン 13050mg
コンドロイチン硫酸・2型コラーゲン含有 10mg
卵骨膜パウダー(3型コラーゲン誘導体)

 

f:id:pecomus1110:20170312094731j:plain

ビタミンCやカルシウムも含有しているので、理にかなったファイバーコラーゲン

これがよさそうなので、SPOCOLLA SPEED3X(スポコラスピード3X)を購入.

 

スティックでゼリータイプなので、普通のプロテインと違い飲みやすい.

f:id:pecomus1110:20170312094827j:plain

運動日に摂取するとよいらしいが、寝る前に一包摂取させることとした.

 

2.カルシウム

中学生のカルシウム必要量は一日あたり男子1000mg、女子800mgです.

成長期である12〜20歳位まで最も必要となります.

・一日に必要なカルシウム摂取量

性別/年齢 1〜2歳 3〜7歳 8〜11歳 12〜14歳 15〜29歳
男子 450 600 700 1000 800
女子 400 550 750 800 650

・カルシウムの多い食材 

100gあたりの含有量.

食材 カルシウム含有量(mg) 食材 カルシウム含有量(mg)
桜えび 690 大根の葉 220
プロセスチーズ 630 めざし 180
しらす 520 ホッケ 160
カマンベールチーズ 460 みそ 150
わかさぎ 450 小松菜 150
いわし丸干し 440 干しエビ 7100
ししゃも 350 煮干し 2200
油揚げ 300 桜えびの素干し 2000
がんもどき 270 ひじき 1400
パルメザンチーズ 1300 えんどう豆 1300
ごま 1200    

カルシウムの多い食材はわりと多くあり、摂取もしやすいので

食事療法で充分と考えられる.桜えびやプロセスチーズ、ひじき、えんどう豆、ごま、煮干し、しらすなどを積極的に摂取すれば一日1000mg程度はクリアできるでしょう.

 

3.ビタミンC&D

ビタミンDの摂取基準量は男女ともに12〜29歳くらいまで概ね5.5〜6.0μg.

ビタミンCでは、75〜100mgが必要量.

これも、ピーマンや、アセロラジュースなど野菜や果物を毎日摂取させれば、充分足りる量.ファイバープロテインに含有されているので、果物を毎日摂取で足りる量なので、果物が取れない場合はサプリメントを与えることとする.

ビタミンDは活性化させるためには日光に当たらなければ活性化されないので、家に閉じこもっていてはダメ.

4.良質な睡眠

骨の再生と崩壊、すなわち骨再生のリモデリングは睡眠中に活発化します.

また、副甲状腺ホルモンや成長ホルモンは睡眠中により多く放出されるので、よる9時には布団に入って良質な睡眠を心がけましょう.

 

まとめ

骨を再生(リモデリング)させる栄養素は、コラーゲンとカルシウム、ビタミンC or Dであり、コラーゲンは摂取するのがなかなか難しいので、サプリメントを使用することとしました、他の栄養素(カルシウムやビタミン)は食事で摂取することが可能のため、食物に含有されている量を参考に与えることとしました.

 

 結果(1ヶ月半後)追記

食事療法の結果は、2ヶ月後の復帰と診断されていましたが

骨の再生は医師の予想診断より早く、1ヶ月半で復帰することができました

 

 やはり骨代謝はコラーゲンとプロテインは欠かせなく

リハビリテーションと相まって、骨折前よりも上半身の筋力UPも達成することができました.

 

 

 

 

www.peco1110.com

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ

 

 

 

 

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!