ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

【おしゃれで安価】コルクボードDIY

広告

家具店やホームセンター等で売っているコルクボード

f:id:pecomus1110:20160516212534p:plain

こんな感じのやつです。

壁に画鋲の穴を開けずに、学校でもらったプリントや予定表などを貼り付けられて便利ですが、

 

安いものは作りがいまいちだし、画鋲が貫通してしまい結局壁に穴が空いてしまったり・・・・・

なんせ、センスが悪い・・・

サイズが限られ、机や部屋のサイズに合ったものがなかなか見つからない

 

アンティークショップに売っていたコルクボード

f:id:pecomus1110:20160516212617j:plain

 

 

しっかりしていて、無垢材のあたたかみがあり

キーホルダー等をかける釘もついてる・・・・

 

子供達や妻の予定も増える一方なので、1人1つずつほしいが

オーダーで作成してもらうと2万円くらいするらしい・・・・

 

値段のことやデザイン等を含め

コルクボードDIYを紹介します。

 

 

材料は

 

  • ベニア板
  • コルクシート
  • パイン材
  • 木ねじ
  • ネジ隠し
  • 埋木に使うダボ
  • アンティーク風の釘
  • 塗料(今回はバターミルクペイントとオスモカラー)

 

1つあたり3000円程度でそろいます.

近所のホームセンターで

工作室があるので、今回は自分でカットすることにしました.

 

真っ直ぐではつまらないので、電動糸鋸を使い曲線カット

事前に決めた寸法で

 

息子たちの分は

850×600作ることにしていたので、

ベニア板を850×600

天板は直線ではつまらないので、糸鋸で曲線カット

 

四隅のパイン材は余ったものがあったのでそれを自宅に帰ってからカットし

木工用ビスで組み立て

 

それらを100番→240番→

最後はダンボールの切れ端(ヤスリで言う1000番程度になります)

で丁寧に磨く

 

材料が揃ったところでまず、

ベニア板に木工用ボンド(速乾でなくて十分です)

でコルクシートを貼りしばらく乾燥させる.

f:id:pecomus1110:20160516213927j:plain

塗装した枠に下穴を開け

ダボ埋めのため8mmのドリルで穴を開けておく

木工用ビスで固定(木が薄いので割れないよう注意)その後オスモで塗装

f:id:pecomus1110:20160516213935j:plain

埋木をし、埋木切断用のこぎりで切断

f:id:pecomus1110:20160516212957j:plain

撮り忘れましたので完成品から(泣)

 

塗装はバターミルクペイントとオスモカラーを使用しています.

理由は

うちの息子たちは長男ぜんそく、次男アトピーとアレルギー疾患を持っているので

できるだけ自然塗料を使用したいのと、

バターミルクペイントはノビが良いので塗りやすく乾きやすい

オスモカラーは塗りづらいですが、自然塗料ということで・・使用しています。

 

今回はオスモのノーマルクリアー、

子供用はバターミルクdressing table blue

 

 

嫁用はohio cupboard last 

 

バターミルクの上からウレタンニスを塗ってます。

 

 こちらで買っていることが多いかも・・・

オスモはここで買ってます・・・

一度組み上げた後、もう一度分解後

塗装してます(綺麗に塗装するため)

 

キーホルダーかけのアンティーク釘を打って完成

 

完成品

f:id:pecomus1110:20160516214157j:plain

 

f:id:pecomus1110:20160516214151j:plain

 

 

 

 

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!