読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

ミニチュアダックスと柴犬を子犬から育ててみてわかったこと

ミニチュアダックスと柴犬の飼いやすさ比較

心が折れそうな極寒散歩に嫌気がさして、若干柴犬を飼ったことに後悔しているペコむすです(苦笑).

 

うちにはミニチュアダックス(14歳)と柴犬(2歳)がいます.

今回は、ミニチュアダックスと柴犬を飼ってみてわかったことを書きます.

 

f:id:pecomus1110:20170207105212j:plain

f:id:pecomus1110:20170205172714j:plain

ミニチュアダックスの性格と特徴

彼女(現在の妻)と買い物をしに行っとき、一目惚れしてしまい衝動買いしてしまいました.当時はミニチュアダックスブームかつ珍しい毛色だったため20万くらいしたとおもいます.(・・; 

 

もう、その子もいまは白内障とヘルニア(手術の既往あり)でヨボヨボの14歳...

最近では散歩も行きたがりません.

 

性格はたいへん人懐っこく好奇心旺盛で、常に前向きです.

多少怒っても3分後にはしっぽを振って、寄ってきます(笑).

この辺がミニチュアダックスの愛らしさではないでしょうか?

 

散歩はミニチュアの場合、行っても行かなくてもご主人様の気が向いたときに行けば良い感じで、柴犬と比較して随分楽ですが、体を動かすことは好きでボールを投げたら全速力で追いかけたり、穴をほったり...もともとの血筋は狩猟犬ですのでほかの玩具犬と比較すると、運動能力も高いです.

 

注意点は、胴が長いため腰の病気が多くうちの子もヘルニアになりました.

ヘルニアになった場合の多くは手術が必要となるcaseがほとんどですので、

 

特にフローリングには気をつけておいた方が良いです(滑りにくくなるよう絨毯などを引いてあげた方が良いです).

 

柴犬の特徴

妻と子供の『柴犬がほしい』という意見におされて、地元のブリーダーに行ったが最後、あまりの子犬の可愛さに購入してしまいました.

柴犬は警戒心が強く、ダックスなどに比較してあまり人に懐きません.時間をかけてようやくなつくという感じ...

なついたとしても人とある程度距離があります(柴距離と言われているらしい).

日本犬の中では小型で現在の住宅事情とマッチしており比較的飼いやすいことから、ペットショップ等でもよく売られている犬種です.

しかし、飼うならブリーダーでしっかりとした環境で育てられているかみてから飼ったほうがよいでしょう.

価格もブリーダのほうが安く、できれば3ヶ月程度は親と一緒に過ごさせている環境のほうがしつけがしやすいといわれています.

日本犬の中では小型犬と認識されていますが、犬全体では中型犬ですので、ある程度大きくなります.

したがって、毎日の散歩や運動は必須で、室内で飼う小型犬と比較して便の量も多く便臭もあるので、散歩最中にさせることをしつけしたほうがよいです.

f:id:pecomus1110:20170205172348j:plain

 

飼い主に対しては信頼関係ができていれば、非常に従順でダックスと比較するととても賢い犬種です.

ダックスにするように怒ると距離が離れてしまいますので、アメとムチの使い分けが最初は難しかったですが、成犬になるまでにしっかりしつけをすれば、とても良い子に成長します.

ただし、しつけがうまくいかないと噛み付いたり言うことを聞かない『悪い犬』になってしまうのも柴犬の特徴です.

柴犬のDNAは犬の中で最も狼に近く、遺伝子的にも馴れ合うことがあまりない警戒心や独立心が強い犬種です.

また、狼のDNAに近いことからリーダーに対しての忠誠心もきわめて高い反面、犬より下になってしまった場合は大変なことになります.

(知り合いの獣医さんに聞くと一番苦手な犬種は柴犬であり、その理由は飼い主以外にはあまりなつかなく、触られるのが苦手な子が多いとのこと)

 

また、番犬としてとても優秀で、うちではALOSK(アルソック)に吠える番犬として近所では有名です(苦笑).

(飼い主がいない状況でこっそり見るとおちゃめな面もありますが....).

f:id:pecomus1110:20170205172350j:plain

 

ミニチュアダックスと柴犬の比較

犬種ミニュチュアダックス柴犬
気性 常に陽気で前向き甘えんぼうで寂しがりや常に賑やか.忍耐力は弱い 成犬になればおとなしい警戒心が強いリーダーに対しての忠誠心が強い忍耐強い
躾難易度 比較的やさしく初心者向け高度なことは難しい 飼い主はリーダーとしての学習が必要.幼少期の環境が重要(3ヶ月程度は親兄弟や他の犬との社会性を学ぶことがのちのちの気性に影響)
運動量 適度に必要(毎日の散歩は必要なく飼い主の気が向いた程度でOK) 毎日必要.しないとストレス↑

番犬の

気質

無理(通行人にしっぽを振って寄っていきます 優秀(アルソックに吠えるほど勇敢
抜け毛 少ないブラッシングもたまにでよい とても多く毎日覚悟を決めてブラッシングが必要特に季節の変わり目は羊並み毛がぬけます

飼主

との距離

常に有効的で近距離飼い主じゃなくてもなつく.常に犬と戯れていたい人向け

触られると嫌がる場合もあれば、かまってほしい場合もあるため難しい.いわゆる柴距離

少しほっとくくらいがちょうどよい.

 

結論

ミニュチュアダックスと柴犬では同じ犬ですが、こんなにも違うのか!?

っていうくらい違います.僕も同じ犬だからあまり変わらないだろうという気持ちで買い始めましたが、まったく別物と言ってよいほど性質が違います.

僕は、ダックスと柴犬しか飼ったことがないので他の犬はわかりませんが、知り合いの獣医さんに聞くと、『犬は人間の手によって品種改良がなされた動物なので犬種によって気質が違いがあり難しい』といっていました.

これから犬を飼いたいと思っている方は、見た目や大きさだけではなく、その犬の性質や背景なども考慮して購入されるとよいでしょう.

まとめ

  • ミニチュアダックスフンドは、愛らしく常に陽気でかまってちゃんなので、つねに犬と戯れていたい方、触っていたい方にはおすすめです.
  • 柴犬は、柴距離がありあまり構われたり触られることが苦手ですが、とても賢くうまくしつけができると優秀な番犬や相棒になります.また、忍耐強いので多少言いたいことがあっても我慢します.

 

ほかの犬ブログもよかったらどうぞ〜

www.peco1110.com

 

ぽっちとお願いします.

励みになります.

にほんブログ村 犬ブログへ

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!