ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

【折れた竿を捨てるのはちょっとまった〜】 意外に簡単にできるロッドの修理

広告

 

折れてしまったロッドを捨てる前に

不用意な大物や根掛かりなどで大切なロッドが折れてしまった場合.

釣り好きな方々は道具も大切にするかと思いますので、とても悲しい思いをしていると思います.

ロッドが折れる場合は最も弱い穂先であることがほとんどだともいますので、意外に簡単に修理することができます.

プロに頼むと修理代金は結構かさみますので、是非自分でやってみましょう.

 

まず、修理に必要な道具を揃える

修理に必要な道具、

いちど揃えてしまえばずっと使用できるものもあるので、揃えておきましょう.

 

・目立てヤスリ

ブランクの切断には、目立てヤスリが便利です.

糸鋸やカッターでも代用出来ますが、糸鋸ではカーボン繊維が解けてしまう危険性があること.カッターではブランクが折れてしまう場合があるため、おすすめできません.

 

by カエレバ

 

・エポキシ接着剤

 ブランクの接着には硬化時間が比較的短い30分硬化型.スケルターワークスのものが、釣り専用ですのでこちらが良いかも.

by カエレバ

 

・エポキシコーティング剤 

ガイドとスレッドのコーティングには、効果時間が長いエポキシコートを使用

by カエレバ

 

 ・ガイド固定用スレッド

ガイドの固定に使用するスレッド.100m巻なので一度買ったらずっと持ちます(苦笑).

・ブランク

1000円以下で無垢のブランクが購入できます.

ブランクに合わせて切断して使用します.

 

 

ブランクの切断

折れたブランクをガイドの固定のところで目立てヤスリを使用して切断していきます.

ガイドの部分で切断する理由は、接続部分をガイドで補強するためです.

f:id:pecomus1110:20170731220332j:plainf:id:pecomus1110:20170731220326j:plain

中空部分に入るようにインパクトドライバーやドリル、棒ヤスリ等で削っていきます.

おすすめは、ドリルに100番程度の回転ヤスリをつける方法が、比較的楽に削ることができます.

 

f:id:pecomus1110:20170731220329j:plain

 

 

ガイドの固定

今回は20年前くらい前に購入したルアーロッドの修理.

そんなにお金をかけたくないので、ガイドはフジはやめてAmazonで安いガイドを購入.

 このガイド価格の割にダブルフッドで良いガイドでした.

カラーもいろんな色が入っているので、他人と違うものが欲しい人、あまりお金をかけないでロッドビルディングやロッド修理をしたい方には是非オススメ.

トップガイドもこちらのものを購入.

以前のガイドより立派なガイドだったので◎

フジのガイドでなくても意外によいです.

 

ガイドにスレッドを巻いて

ついでにフックキーパーも装着.

エポキシコーティングを筆で塗って、24時間回転させながら乾燥.

f:id:pecomus1110:20170731220338j:plain

一週間くらい放置したら、完成!!

f:id:pecomus1110:20170731220335j:plain

20年前のロッドとは思えない出来栄えに自己満足.

先端のティップ部分はグラス素材のためちょっとバランスが変わってしまいましたが、

子供用のルアーロッドとしては充分.

グラス素材は食い込みがUP

f:id:pecomus1110:20170731220414j:plain

 

自分で修理したので愛着もわきます.

この修理方法は比較的簡単にできるので、穂先が折れてしまった場合.

食い込みUPと長さの復活に是非オススメ.

意外に折れないし...

 

大物釣ったらわかりませんが.........

 

にほんブログ村 釣りブログへ

 

 

 

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!