ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

1gのルアーキャスティング可能でトルクも強い渓流ロッド 入魂完了

広告

 

North Fork ブランクにてロッドビルディング実釣編

どーも

ペコむすです.

 

前回、前々回とウグイのみの釣果では

全くもってロッドの持っている性能は引き出すことができませんでした(泣)

(ロッドの性能はある程度大きなさかなをカケてみないとわかりません)

ロッドの性能を理解するためには渓流では、ニジマスがうってつけの相手であり、

ちょっとした休暇を利用して行ってきました\(^o^)/

 

f:id:pecomus1110:20170704194739j:plain

 

 ニジマスを釣るためのルアーについて

渓流でニジマスをルアーで狙う場合は、

  • 時期
  • 水温
  • 時間帯
  • 水量
  • 渓流の濁り

など様々な条件を加味してルアーの選択をすることによって釣果が上がります.

基本的にネイチャーゲームですので、気象条件などにあわせてやってみないとわからないところが多いですが、この場所で何時にこのルアーで釣れたということを記憶しておくことで、同じ条件を引き出しやすく釣果は上がっていきます.

すなわち、釣れたときの同じ条件を引き出すことが重要であるため、

大場所で底を取るための重量が比較的重いルアーから

表層を狙い撃つかつ小さい軽量ルアーまで狙った場所にキャスティングすることができるロッドが非常に有利であり、僕の結論は本流〜中流域のロッドは6.6フィート〜7フィート前半くらいまでの長さの中調子のロッドが最適と考えています.

また、中調子の理由は軽量ルアーをキャスティングするためには、先調子のブランクではキャスティングすることが難しい.

したがって、ルアーの重みでキャスティングするのではなく、ロッドのしなりを利用してキャスティングするのでグラスが理想的ですが、グラスは感度が悪いためフッキングが難しくなり、バラすことが多くなる問題点がある.

グラスコンポジットのロッドが理想的であるが、1g台をキャスティングできるような調子のブランクは見当たらず、結局バス用のブランクでクランクベイト用が渓流でニジマスの大物狙いには向いている結論.

 

North Forkのブランクのフィーリング

 G.Loomisさんが設計したノースフォークコンポジットのブランクは

前評判どおり不思議

 

その一点に尽きる!!

 

キャスティング時にはウルトラライトそのものであるが、

魚をかけたときにはワンランクツーランク上のパワーがあるように感じます.

 

北海道の渓流は不用意な大物が出る場合も多く

ウルトラライトでは心持たない場合も遭遇するため

 

まさに北海道向きのブランクだ!!

 

かけた魚が下流に下られても余裕のファイトが可能です!!

 

実釣動画はこちら〜


Northfork ブランクの性能 下流に下られてもびくともせず(苦笑)

 

Fishmanのロッドも気になりますが、北海道の渓流にはNorth Forkのブランクが断然

向いていると思います.

 

にほんブログ村 釣りブログへ

 

 

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!