ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

ロッドビルディング ロッドの調子を確認しながらの切断とスパインによる調子

広告

 

ロッドの調子と切断限界点

どーも

ロッドビルディングのふかーい世界に迷入している

ペコむすです(苦笑)

 

今回は、ブランクの調子の関係を考慮しつつ

ブランクを切断しました〜

ブランクの切断ですが、糸鋸等で切断しても良いととも思いますが、

切断は目立てヤスリを使用すると、綺麗に切断することができます.

 

全長7フィート前後のロッドがほしいので、 

ブランクスとリールシートの接合部分を7cmとるとするならば、

18cmほど切断すれば7Ftになるはず!!

バランスが悪ければ、ブランクの接合部を長くすることとした.

 

ブランク切断

長さを計測して、目立てヤスリで切断...

けっこう力が必要で、木材を切るときもそうですが

最後の分離のときがささくれてしまう可能性があるので慎重に...

まっすぐ切れなかった場合は、2×4材に100番の紙やすりを巻いたてタッカーで止めて垂直かつ綺麗にに仕上げます.

 

f:id:pecomus1110:20170620200142j:plain

とりあえず、切断完了.

 

ロッドの調子の確認とスパインのセッティング

ロッドの調子を確認します.

テッサーテープをブランクとリールシートの接合部分になる予定のところに巻いてスペースを埋めます.

f:id:pecomus1110:20170620200146j:plain

 

ロッドはカーボンシートを巻いて作っているので、『スパイン;背骨』

となる部分があり、そのカーボンシートの切れ目がスパインにあたり、その部分をどこに持ってくるかで、調子が変わります.

f:id:pecomus1110:20170620212334j:plain

 

ベイトタックルの場合は、キャスティング時

特に軽量ルアーを投げる場合には、調子が柔らかいほうが投げやすいので

真横にスパインが来るようにセッティング.

f:id:pecomus1110:20170620213411j:plain

 

魚をかけて釣り上げる場合には、調子が硬くしっかりしていたほうがロッドのパワーを活かすことができるため、前面にスパインがくるようにセッティング.

f:id:pecomus1110:20170620213633j:plain

 

バランスと調子の確認

スパインもとりおわり、調子とバランスを確認しながら、

ロッドの接合部を微調整していきます.

 


ロッドビルディング バランスと調子

 

バランスがハンドル部分にくるように微調整しながら、

ベントカーブと調子を確認していきます.

 

なんかいい感じ!!

ロッドの仕組みも理論的かつ感覚的に理解してきた.

ロッドの調子は予想よりハリがある感じですが、いい感じのロッドが出来上がる目処が立ってきました.

 

次回も乞うご期待を(笑)

失敗する可能性も高いですが......

 

www.peco1110.com

 

ポチッとおねがいします. 

にほんブログ村 釣りブログへ

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!