ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

【キャンピングカーファンに朗報】 ハイエース300系が発売されても200系は併売される

広告

キャンピングカーベースとして人気のハイエース 新型300系

f:id:pecomus1110:20170809175832p:plain

 

全国キャンピングカーファンの皆様!

トヨタの働く車エースプロジェクトが発動されて我らがハイエースもモデルチェンジが濃厚となっています.

 

2019年に発売予定されている新型ハイエース300系

現行である200系のキャブオーバー(運転席の下側にエンジンが有るタイプ)ではなく、セミボンネット型が決定されています.理由は安全性能の強化と欧州戦略にやむを得なくセミボンネット型にするらしいですが、セミボンネット型では間違いなく積載能力が大幅にダウンされます.

f:id:pecomus1110:20170809181000p:plain

 

 

300系ハイエースの全長と室内長

あくまで予想ですが、セミボンネットにした場合

荷室の広さは明らかに狭くなります.

 

  予想スペック
スペック/型式 200系標準 スーパロングワイド 300系標準 スーパロングワイド
全長(mm) 4695 5380 4950 5450
全幅(mm) 1695 1880 1750 1900
全高(mm) 1980 2285 1950 2250
ホイールベース(mm) 2570 3110 2985 3450
車両総重量(kg) 3000 3150 3000 3200
荷室長(mm) 2750 3570 2300 2600
荷室幅(mm) 1520 1730 1530 1650
荷室高(mm) 1320 1635 1320 1700

 

予想の広さでは、キャンピングカーをデザインするには少し狭いし、荷物積載量も

キャブオーバーと比較して随分狭くなってしまうことが予想されています.荷室長を3000mmにどれだけ近づけられるか期待されていますが、根本的にセミボンネットでエンジンスペースを取られているので、同じサイズでは物理的に不可能なため、より大きな車体になると予想しています.

キャンピングベースとして使用されているスーパロングハイルーフはただでさえ大きく運転も多少気にしながらのため、より小型な標準ボディのキャンピングカーの売れ行きがよくなっている現状では、より大きな車体は日本向きではないと考えられています.

 

200系の並列販売!?

セミボンネットタイプでは、荷室有効面積が小さくなるためキャンピングカーベース車として不向きになってしまうため、今のうちに購入を考えているという方に朗報です.

現行の200系4型がマイナーチェンジされて5型がしばらくの期間並行販売されるとの情報が入ってきました.トヨタは他の車でもそのような販売方法をとっていましたので、この情報はかなり信頼性できる情報と思います.

さらに、スーパーロングハイルーフ4WDにはディーゼル設定はありませんでしたが、ランクルプラドに搭載されている『2.7L1GD-FTV』クリーンディーゼルエンジンが搭載されるとのことですので、車体が重いキャンピングカーにはピッタリのエンジンが搭載され、より快適なキャンピングベース車として期待されています.

 

うちは現在ストラーダベースのトラキャンに乗っていますが、

子供が大きくなって夫婦と犬のみになったらこちらに乗り換えようかな〜

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

 

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!