ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

カルカッタコンクエストBFSは1gのルアーをキャストできるのか?

広告

 

カルカッタコンクエストBFSついに購入

カルカッタコンクエストBFS

たまらなく欲しかったが、ちと高額なリールなので二の足を踏んでましたが(泣)

先日友人と渓流釣りに行ってちょっとだけ触らしてもらい

そのフィーリングの良さに購買意欲が再燃し!!

比較的安価な新古品をゲットしましたので早速川でインプレッションしてきました.

 

f:id:pecomus1110:20170707193112j:plain

 

遠心ブレーキからマグネットブレーキへ

購入をためらっていた理由は遠心ブレーキからマグネットブレーキに変わった点

渓流にて対象魚がニジマスやヤマメ、イワナなどの場合

特にニジマスは小さな餌を食べている場合が多いので、それに合わせて

小さいルアーを選択することによってが、釣果が上がります.

シマノの宣伝や、ブログのインプレッション報告を見ても

ベイトフィネスで軽量ルアーと記されているのは、せいぜい5gとか

5gのルアーって僕にとっては(渓流の場合)重量級のルアーなんですけど......

だから、あんまり参考になりません!!

 

ここは、やはり自分で買って試すしかない!!

 

現在使用しているのは、アルデバランXGをぶっ飛びベアリングとスプールをカスタムしたものを使用しているので、アルデバランとの比較もしてみたいと思います.

 

渓流でのファーストインプレッション

早速お気に入りのラインスーパファイヤーライン1号にショックリーダーを装着し

すぐさま近所のウグイ川へ(ニジマスもいるのですが日中35℃だったのでまずウグイしか釣れません(泣))

スーパファイヤーラインを使用する理由は、PEラインにしては硬いため

糸の膨らみがわかりやすいので、サミングがし易いので好んで使用しています.

 

 渓流では、1号か0.8号がおすすめ

 

とりあえず、マグネットブレーキを中間くらいにして1.8gのスプーンでキャスティング

スプールの軽さと相まってスーッとラインが出っていく感じ!

 

しかも投げやすい

 

続いて1.5gのスピナー

 

これもOK

 

素晴らしいキャストフィーリング

 

しかし

 

1.2g

これは気持ち良い感じでないっす

 

ブレーキを最小にしてようやく飛んでいく感じ

 

続いて0.9g

後半の伸びがない...

失速する(泣)

 

これは間違いなく遠心ブレーキのほうがよいね

1.2g以下はアルデバラン遠心ブレーキに軍配

 

シマノ

何故SVSにしなかった...

 

1gアンダーは遠心でサミングしたほうがキャスティングできますね〜

 

しかし、巻きごごちは最高です.

うーん悩むね

 

ポチッとお願いします.

にほんブログ村 釣りブログへ

 

 

 

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!