ペコむすのブログ  

北海道釣り・アウトドア・グルメ情報などを柴犬ペコとともに書きます.

Nature of Hokkaido

Outdoor/Fishing/DIY/Gardening/IT

破れたテントをDIYで補修する

広告

 

ワカサギテントをDIY修理

去年メーカ修理を依頼したところ

交換を打診された『ノースイーグル ワカサギテント』

そこそこ設営が簡単であることや、デザインが気に入っている

との理由から使用していましたが、本格的に使用することが困難となってきました.

 

新しいテントを購入すればすべて解決するのですが、

ワカサギテントにそんなに投資する余裕もなく、使用頻度が少ないことと

欠番商品であるためメーカー修理も不可能

テントの総合病院という修理のサイトを見つけましたが、

現在受け付けていない様子。。。(泣)

www.kitajokobo.com

 

自分で修理以外の選択肢はなさそうなので、

DIY修理をすることにしました.

 

 

今回の修理箇所は、

『図のまるで囲んである部分の破けの補修』

f:id:pecomus1110:20180108164702j:plain

 

と去年メーカー修理に出したが、間違って送ってきた

『長さが微妙に違うポールの切断』と『ポール挿入部の破け』

f:id:pecomus1110:20180108165804j:plain

年間数回しか行かないワカサギ釣りでまあ、なんとか使用できれば良いレベルなので

余ったPEラインとモンベルゴアテックス補修キッドを使用してDIY修理をしたいと思います.

 

 

修理に関して準備したもの

モンベルパーマネントリペアシート 

・コールマンのリペアキッド

デザイン的にこっちもおすすめです.

・防水用シール 

 

 

ウエダーと兼用で使用できるのでアクアシール 

・糸 

 太めのナイロンでも充分らしいですが、余ったPEラインで補強します.

1号から1.5号のオーソドックスな糸がおすすめ.

今回はラパラの余った糸を使用しました.

・持針器

比較的厚い生地を縫うことになるので、手で縫うには骨が折れます.

持針器があると比較的楽に縫うことができます.

・帆布補修用針

普通の針でも縫うことができると思いますが、折れたりするので

厚い生地を縫うための針がよいです.

 

 ノコギリでも切断できないことはないですが、すごく時間がかかるのと、綺麗に切断することは難しいため、パイプカッターで切断することをおすすめします.

 

破れたテントを仮縫いして補強しリペアシートを熱着する

道具が揃ったら 補修開始です.

素人なのでものすご~く雑ですが(笑)自分で使うものなので

つかえればOKとします.

 

最近のテントは中国製なのか縫い目が若干雑です.

あのスノーピークですら中国製(泣)

とりあえず、破けたところをザクザク仮縫い.

f:id:pecomus1110:20180108174802j:plain

 縫ったあと、アクアシールで念のため防水処理.

f:id:pecomus1110:20180114153920j:plain

 

夢中になりすぎて写真を撮り忘れましたが(泣)

こちらもザクザク仮縫い後、

モンベルゴアテックスリペアーシートをアイロンで圧着

その後、剥がれないようにさらにPEラインでまつり縫いしています.

f:id:pecomus1110:20180114153838j:plain見栄えは悪いですが、自分で使う分にはOKかな?

 

 

間違って送られてきたポールを切断してみます.

パイプかな?と思っていたら、おそらくグラスの無垢材だったので

パイプカッターで印をつけたあとに

ノコギリで切断(パイプカッターはいらなかったかも?)

f:id:pecomus1110:20180114153850j:plain

 

 目立てヤスリなどで底が平らになるように削ります.

f:id:pecomus1110:20180114153846j:plain

 

ちょっと削りすぎたか?(@_@;)

ワカサギテントなので良しとします.

破れたテントなどもなんとか修理ができることがわかりました.

素人なので雑ですが.....

 

f:id:pecomus1110:20180114154541j:plain

 

 これで今年はワカサギシーズンまっただ中なので

氷上釣りを楽しみます.

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

NURO光全員、貰えるPS4キャンペーン!